TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現 TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現

SEO対策徹底解説。検索エンジンに評価されるためのサイトづくりを!

  1. アナリティクス

「SEO対策って何だろう。これからSEO対策をして集客したいけど、そもそも何なのかがよくわかってない…」

と思っている担当者の方。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことです。英語で”Search Engine Optimization”と呼ばれます。そして、検索エンジンに評価されるためのサイトづくりがいわゆる「SEO対策」です。

とはいえ、SEO対策が具体的に何なのか、どのようにして対策すればよいのかはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では

  • そもそもSEO対策とは
  • SEO対策においてGoogleが大切にしている考え
  • ブラックハットとホワイトハットの2つのSEO手法
  • SEO内部対策について
  • SEO外部対策について
  • SEOの最新情報を発信しているサイトやSNSアカウントの紹介
  • SEO対策の会社と相場の紹介
  • 自社でSEO対策するときにやるべき3つのこと

の順にSEO対策について紹介します。

SEO対策というと専門用語のようで難しく感じるかもしれませんが、するべきことはシンプルです。

まずはこの記事で、SEO対策について概要と対策のポイントをおさえましょう!

そもそもSEO対策とは

自社のWebサイトに集客する方法には、大きく以下の4つが挙げられます。

  • 検索
  • ダイレクト
  • 関連リンク
  • SNS

その中でも、検索からのアクセスを増やすために行うのが、この記事で紹介する「SEO対策」です。

SEO対策(英語で「Search Engine Optimization」)とは、GoogleやYahoo!の検索結果で、自社のサイトを上位に表示するために行う対策のことです。

日本語では「検索エンジン最適化」や「検索エンジン対策」と呼ばれます。

SEO対策を行う主な目的は、検索から質の高いユーザーをサイトに集めて、成果につなげることです。

SEO対策によって自社のサイトを検索結果の上位に表示することで、質の高いユーザーを集客することができます。そうしてサイトに集客したユーザーは目的がはっきりしているため、成果につながりやすいです。

次に、SEO対策には具体的にどのようなメリットがあるのか説明します。

SEO対策のメリット

SEO対策を行う主なメリットには、以下のようなことが挙げられます。

  • 目的が明確なユーザーを集めることができること
  • 資産になり中長期的に集客することができること
  • 潜在層のユーザーにアプローチすることができること
  • 上位に表示できれば広告より安く集客することができること

SEO対策のデメリット

反対に、SEO対策を行うデメリットは以下のようなものがあります。

  • 上位に表示されても必ずしも売上が上がるわけではないこと
  • 即効性がなく、効果が出るまでに時間を要すること
  • コンテンツ作成などに人的なコストが必要になること
  • 検索エンジンの使用の変更やアップデートにより掲載順位が変動すること

SEO対策=Google対策と言っても過言ではない

今日の日本では、「Google」と「Yahoo!」の2つがメインの検索サイトとして使われています。つまりSEO対策を行うときには、これら2つの検索サイトだけを対策すればよいのです。

さらに、Yahoo!はGoogleの検索エンジンと同じ仕組みのものを使用しています。ですから事実上、GoogleのSEO対策さえできてしまえば、同様にYahoo!の対策もできていることになります。

このように、SEO対策とは事実上のGoogle対策だと言っても過言ではないのです。

GoogleとYahoo!の違い。シェアの比率は「6:3」

日本ではGoogleとYahoo!がメインの検索サイトとして使われていることは、先ほど説明した通りです。そのシェアの比率は「6:3」と言われています。

また、GoogleとYahoo!が全体の利用率の9割を占めていることからも、SEO対策ではGoogleを対策することが重要です。

Yahoo!は検索システムそのものは、Googleと同じ仕組みのものを採用しています。

しかしYahoo!の検索結果には、以下のコンテンツが差し込まれる仕様になっています。この点はGoogleと異なるので、理解しておくとよいですね。

  1. NAVERまとめ
  2. Yahoo!知恵袋
  3. Yahoo!ショッピング
  4. Yahoo!オークション
  5. Yahoo!ニュース

SEO対策でおさえるべき、Googleの考え方

SEO対策を考えるときに、おさえておくべきなのがGoogleの考え方です。

Googleがどのような指標でコンテンツを評価し、検索順位の上位に表示するのか。その仮説を立てるためには、まずはGoogleがなにを考えているか知る必要がありますよね。

そこでここでは、SEO対策でおさえておくべき

  1. Googleが最も重要視するSEO対策の指標
  2. Googleが価値のあるコンテンツだと判断する基準

の2つの考え方について説明します。

EAT:Googleが最も重要視するSEO対策の指標

EATとは、専門性(Expertise)と権威性(Authoritativeness)、信頼性(TrustWorthiness)、それぞれの頭文字をとったGoogleの造語です。

GoogleはSEO対策において、専門性と権威性と信頼性の3つの要素をとても重要視しています。これら3つの要素が検索上位に表示されるかを決めると言っても過言ではありません。

専門性とは、あなたのサイトやコンテンツが何かしらの領域に特化しているかを意味します。

たとえば、あらゆる領域の情報を「浅く広く」取り扱っているサイトよりも、1つのトピックに集中して「狭く深く」情報を発信しているサイトが専門性があると判断されます。

同じように、権威性も重要視されている要素です。

権威性とは、「この人(もの、企業)は正しいから従うべきだ」と認識されていることを指します。

どこの誰が書いたのか分からないコンテンツよりも、特定の分野で高い地位を持つ人が作成したものが評価されます。特定の分野で高い地位を持つ人は、医者や弁護士などがその一例です。

そして最後の一つである信頼性。

「どれだけ人からの信頼を集めているか」という視点からも、Googleはコンテンツを評価します。

無名の個人サイトと比較すると、行政や公的機関など、よく名の知れた大きなサイトが上位に表示されやすいのはこのためでもあります。

このように、Googleは専門性(Expertise)と権威性(Authoritativeness)、信頼性(TrustWorthiness)の3つの要素からサイトやコンテンツを評価しています。

Googleの企業理念:価値あるコンテンツの基準

Googleでは、以下のような企業理念を掲げています。Googleが何を大切にしているのかを知ることはSEO対策の指針にもなるので、ぜひおさえておきたいポイントです。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

Googleが掲げるこれらの理念から、コンテンツ制作においてユーザー目線であることがどれだけ大切かお分かりいただけるかと思います。

読者にとって価値のあるコンテンツ、悩みを解決できるコンテンツこそが、Googleが「価値がある」と評価される基準になっています。

【重要】基本は検索意図(=調べる人の悩み)を満たすコンテンツ制作

SEO対策において重要なのは、「検索意図をしっかりと満たしているか」。これが欠けていては、いくら専門性や権威性があっても上位表示は難しいです。

検索意図とは、調べる人がどのような悩みを抱えており、どんな情報を知りたくて調べているのかということです。

つまりGoogleの評価点は、調べる人の悩みを解決できているかという一点に尽きます。

検索意図を満たせるサイトやコンテンツを制作することが、SEO対策の基本です。

SEO対策には「ブラックハット」と「ホワイトハット」がある

Googleで上位表示するためには、「ドメインパワー」も重要な要素になります。

ドメインパワーを高めるには、外部からのリンク(被リンク)どれだけ集められるかが大切です。なぜなら「他のサイトで紹介されている=良いコンテンツ」だと判断されるためです。

SEO対策で被リンクを集めるには、検索エンジンのガイドラインに反する「ブラックハット」と、ガイドラインに沿った「ホワイトハット」の2つのアプローチ方法が存在します。

これらの対になるアプローチ方法には、それぞれどのような特徴があるのか覚えておきましょう。

ブラックハットSEO:被リンクを自演して上位に上げるやり方

ブラックハットSEOとは、自作自演やリンクの購入などによって意図的に被リンクを集める手法です。

通常、外部からのリンクが自然に集まるまでには時間がかかります。

しかし、ブラックハットなら一気に被リンクを集めることができるので、短期間でドメインパワーを育てることが可能です。

とはいえ、ブラックハットSEOにもデメリットは存在します。

自作自演やリンクの購入は検索エンジンのガイドラインに反する行為のため、ペナルティを受けることも珍しくはありません。

ペナルティを受けてしまった場合、検索順位は大きく下げられてしまいます。

また、大量の自作自演リンクを必要とするため、それらを購入するための費用が必要になります。リンクは決して安いものではないので、予算に余裕がないのであれば難しいでしょう。

このようにブラックハットSEOは、ペナルティのリスクがあっても短期的に結果を出したい、資金力のある人に向いている施策です。

ホワイトハットSEO:良いコンテンツを作り、外部から自然に被リンクを集めるやり方

ホワイトハットSEOとは、外部からのリンクを自然に集めることで、ドメインパワーを高める手法です。

「他のサイトで紹介されている=良いコンテンツ」というGoogleの判断基準に基づき、ユーザーの役に立つ良質なコンテンツを制作することが重要になります。

ホワイトハットSEOは、ブラックハットとは異なりGoogleのガイドラインに従った手法です。そのためペナルティによって順位が下がるリスクがありません。

このようにホワイトハットSEOは、自然に被リンクが集まるまでには時間を要するものの、低リスクでドメインパワーを育てられる安定した施策です。

SEO内部対策の基本3つ

SEO対策は、大きく内部対策と外部対策の2つに分類されます。

内部対策とは、自社のサイトの内部への対策です。SEO内部対策の基本となる

  1. 1ページに1キーワードの設定
  2. 見出しタグの最適化
  3. 画像の設定の最適化

の3つをご紹介します。

1. 1つのコンテンツにつき1キーワードの設定

今日の検索エンジンにおいて、専門性がとても重要視されていることは、先ほども説明した通りです。

そのため、あまりに多くのキーワードを1つのページで狙うと専門性が薄れてしまい、結果として上位に表示されにくくなってしまいます。

まずは、1つのコンテンツにつき最適な1キーワードを設定してみるとよいでしょう。

2. 見出しタグの最適化

記事のタイトルや見出しなどは、ページを認識するロボット(クロウラー)に構成を正しく伝えるという役割りを担っています。

クロウラーは文字そのものではなく、ページのソースコードを見てコンテンツを判断します。見出しタグもソースコードのうちの一部です。

そのため、見出しタグを正しく使っていないと上位に表示されにくくなります。

記事のタイトルにはh1タグを用いてキーワードを入れることや、見出しはh2とh3を上手く使って構造をわかりやすくすることを意識しましょう。

基本的なことではありますが、とても重要な内部対策です。

3. 画像の設定の最適化

画像はコンテンツにとっておまけのように扱われることが多いですが、SEO内部対策においては差別化できるポイントの一つです。

まずは、画像ファイルにはそれぞれ名前を付けるようにしましょう。検索キーワードをファイル名にしておくと、Googleの画像検索でも上位に表示されやすくなります。

また、alt属性を設定することも重要です。

alt属性を設定することで、画像が何を意味しているのかをクロウラーに伝えることができます。ですので、alt属性はできるだけ具体的に記述してくださいね。

内部対策を学ぶためにオススメのサイトまとめ

内部対策をより詳しく学ぶためには、専門的なサイトを読み込むことをオススメします。

そこでここでは、内部対策を学ぶのに適している

  1. バズ部
  2. ferret(フェレット)
  3. SEO Pack

の3つのサイトを紹介します。

1. バズ部

バズ部は、マーケティング情報を発信しているメディアです。

メディアの運営元である株式会社ルーシーは、これまでに多くのクライアントのコンテンツマーケティングを成功に導いてきたプロ。

そんなプロの視点から内部対策をはじめSEOノウハウを、初心者にもわかりやすく解説しています。

2. ferret(フェレット)

ferretは、Webマーケティング関連の情報を発信しているメディアです。

運営元のベーシック社は2004年より長きにわたって、Webマーケティング業界をけん引してきました。

そんな10年以上かけて獲得したWebマーケティングのノウハウを、余すところなく提供しているのが「ferret」というサイトです。

3. SEO Pack

SEO Packは、同名のSEOサービスを取り扱うディーボ社のサイトです。

「SEOの基礎を固めるサービス」と謳っているように、これからSEO対策を行っていくのであればまずは一読すべきです。

SEO外部対策の基本2つ

先ほど説明した内部対策と対をなすのが、「SEO外部対策」です。

外部対策とは、文字通りサイトの外に対して行う対策です。

具体的には、外部のサイトからの良質なリンクを集めることを指します。

ここではSEOの外部対策として基本となる

  1. 良質なリンクを自然に集められるコンテンツを制作する
  2. 質の悪いリンクを否認する

の2つを説明します。

1.良質なリンクを自然に集められるコンテンツを制作する

良質な被リンクを自然に集めるためには、良いコンテンツを制作することが最も効果的な対策です。

良いコンテンツは自然に人から人へと紹介され、結果として多くのリンクを集めてくれます。

ユーザーにとって役に立つコンテンツを制作することが、外部対策においてはとても重要になっています。

2. 質の悪いリンクを否認する

SEOの外部対策において、品質の高いリンクを集めるのと同じくらい、質の悪い外部からのリンクを否認することは重要です。

どのようなサイトから被リンクをもらっているのかを確認して、相互リンクや(自動で作られた)スパムリンクを3ヶ月ごとにチェックしましょう。

中には悪質なリンクを送ることで、あなたのサイトの評価を意図的に下げようとする人もいます。質の悪いリンクを否認することは、サイトを守るために欠かすことができない対策です。

SEO対策の最新情報を発信しているサイト、SNSアカウントまとめ

SEO対策は、検索エンジンの仕様とともにやるべきことが変化します。

つい昨年までは有効だと言われていた対策が、今ではあまり有効ではないということも珍しくありません。

そこで重要なのが、SEO対策の最新情報を入手することです。

新しい情報への感度の高さは、SEO対策を正しく行う上で欠かすことができません。

そこでここでは、SEO対策の最新情報を発信している3つのサイトと2つのSNSアカウントをご紹介します。

サイト1:海外SEO情報ブログ

海外SEO情報ブログ」は、サイトタイトルの通り、海外の最新SEO情報を発信しているサイトです。

現在日本で利用されている検索エンジンは、元をたどると海外発のもの。ですから、最新のSEOの情報を得るならば海外からの情報を得ることは避けられません。

このサイトでは、最新のSEO情報をはじめとして、コンバージョン率を上げる具体的なノウハウやUXの最適化についても解説されています。

総じて、SEOに携わる人ならば必ず読むべきサイトだと言えるでしょう。

サイト2:デジ研

デジ研」はSEOや広告運用、コンテンツマーケティングの専門サイトです。

比較的、初心者にもわかりやすく丁寧に解説されている記事が多いので、まだ不慣れなSEO担当者の方には特におすすめです。

もちろん、最新のSEO対策情報についても解説されているので、中級者以上の方も欠かさずにチェックしてみてください。

サイト3:SEOの森

SEOの森」は、SEOやマーケティングのコンサルタントとして活動されているおおき氏が運営しているサイトです。

主にSEO中級者以上に向けて、SEO対策の基本ノウハウや最新情報を発信しています。

SNSアカウント1:辻正浩 | Masahiro Tsuji

辻正浩氏は、SEOの専門家として広く知られる人物です。

株式会社so.laの代表取締役としてSEOコンサルティングを行っており、SEO領域を追求し続けている業界の第一人者です。

最新のSEO情報はもちろんのこと、長年の経験から語られる鋭いオピニオンも大変参考になります。

SNSアカウント2:おおき/SEOコンサル

先ほど紹介した「SEOの森」の運営者である、おおき氏のTwitterアカウントです。

アフィリエイトやメディア運営における基的なSEOノウハウから、最新のSEO事情までわかりやすく発信しています。

日本のみならず海外のSEO事情にも精通しているので、英語が不慣れな人にとっては貴重な情報ソースになります。

SEO対策の会社(大手向け)と、その料金目安

自社サイトのSEO対策を専門の会社に依頼しようとしたときに、どのような会社に依頼すべきかは多くの方が悩むポイントです。

SEO施策のコンサルティング事業を行う企業はとても多く、その料金設定もピンキリです。もちろん、あなたの会社のサイトの規模や目的によっても適正は変わります。

そこでここでは大手企業向けにSEO対策を行っている、

  1. アウンコンサルティング
  2. アイレップ
  3. オプト

の3つの会社についてと、その料金目安を紹介します。

アウンコンサルティング

アウンコンサルティング株式会社は、東京は文京区に本社を構える、1998年設立の歴史あるマーケティング企業です。

主な事業は、SEO対策やリスティング広告、各種インターネット広告、Webサイトやアプリの制作。また、完全成果報酬型の「SEOパッケージフレーズ」というSEO対策サービスも提供しています。

初期費用と月々の固定費は0円で、検索結果が10位以内になった場合にのみ費用が発生する仕組みを採用しています。さらに、1キーワードあたりの価格も15,000円と安価です。

そして、英語はもちろんタイ語や中国語など、多言語のSEO対策にも精通しているので、海外展開を考えている方にもおすすめです。

こんな企業様におすすめ
  • できるだけ低リスク・低コストでSEO対策を依頼したい企業様
  • 固定費をかけずにSEO対策を依頼したい企業様
  • 他言語でのSEO対策を依頼したい企業様

アイレップ

株式会社アイレップは、恵比寿ガーデンプレイスに本社を構えるデジタルマーケティングエージェンシーです。

検索の領域に強いと評されており、中でもコンテンツSEOに関しては業界でもいち早く着目した企業として知られています。

アイレップのSEO対策は、多角的なアドバイスや細かなサイト分析に定評があり、その知識量はSEO業界でもトップクラスです。

月額数十万から数百万でのコンサルティングを依頼することができるので、予算がある企業様はご一考ください。

こんな企業様におすすめ
  • はじめて外部企業にSEO対策を依頼する企業様
  • 予算にある程度の融通が利く企業様
  • コンテンツSEOと合わせてリスティング広告も運用したい企業様

オプト

大手インターネット広告代理店として知られる株式会社オプトは、千代田区に本社を構える企業です。

サイトの全体調査からはじまり、戦略立案やコンテンツの企画・制作、ソーシャルの運用まで、トータルSEOコンサルティングサービスを提供しています。

このことから、SEO対策だけでなく幅広くまとめて依頼したいという企業様におすすめのSEO会社だと言えます。

予算は相場とほぼ同じで、月当たり数十万円から高くとも数百万円での依頼が可能です。

こんな企業様におすすめ
  • SEO対策だけでなく他のWeb施策もまとめて依頼したい企業様
  • はじめて外部企業にSEO対策を依頼する企業様
  • 予算にある程度の余裕がある企業様

自社でSEO対策をするさいに、まずクリアすべき3項目

おそらく多くの担当者の方は、自社でSEO対策するさいに、何から手を付ければよいのか迷ってしまうかと思います。

ここまで説明してきたように、SEO対策はやるべきことがとても多いです。

おすすめは自社でSEO対策するときに、

  1. 狙うべき検索キーワードを洗い出す
  2. キーワードがどれくらい検索されているか調べる
  3. キーワードのクエリをタイプ分けする

の3項目をクリアすること。

以下ではこれら3項目について詳しくお伝えするとともに、それぞれの項目ごとにおすすめの無料ツールも合わせて紹介します。ぜひご活用ください。

1. 狙うべき検索キーワードを洗い出す

まずは、どのような検索キーワードを狙うべきか考えてみましょう。

あなたのサイトがユーザーを集客する目的をもとに、狙うべき検索キーワードをできるだけ多く洗い出します。

まずは最終的に獲得したい検索キーワードを決めて、それを細分化するようにしてキーワードを考えてみてください。

おすすめツール:関連キーワード取得ツール(無料)

検索キーワードを洗い出すときには、「関連キーワード取得ツール」を活用するとよいでしょう。

このツールは名前の通り、検索キーワードに関連する語句を一気に取得してくれます。

自分ひとりでは検索キーワードを考えるのが難しいのであれば、こういったツールを使ってみることをおすすめします。

2. キーワードがどれくらい検索されているか調べる

狙うべき検索キーワードが定まったら、それらがどれくらい検索されているかを調べる必要があります。

なぜなら、どれだけ良いキーワードであっても、検索されていなければユーザーはサイトにはたどり着かないからです。

反対に、あまりにも検索されすぎているキーワードの場合、競合となるサイトが強くて上位に表示するのが困難なことも考えられます。

洗い出したキーワードが有用なものか判断するためにも、まずは検索ボリュームを調べるようにしましょう。

おすすめツール:キーワードプランナー(無料)、aramakijake(無料)

キーワードがどれだけ検索されているかは、専用のツールを用いることで確認できます。

おすすめのツールは、Googleが提供する「キーワードプランナー」とSEO Packが提供元の「aramakijake」の2つです。

どちらも無料で利用することができるので、お好きな方を試してみてください。

3. キーワードのクエリをタイプ分けする

さて、ここまで狙う検索キーワードを決めてどれだけ調べられているのかをチェックしました。次は、洗い出したクエリをタイプ分けしましょう。

検索キーワードは、大きく以下の3つのタイプに分けることができます。

  • Doクエリ
  • Knowクエリ
  • Goクエリ

洗い出したキーワードをこの3つにタイプ分けするために、まずはそれぞれがどのようなクエリを指すのかを説明します。

Doクエリとは「ユーザーが行動を起こすためのキーワード」

Doクエリとは、アクションを起こしたいという意図が含まれるキーワードです。

ある商品を購入したい、資料が欲しいなどの意図が含まれるものが、Doクエリと呼ばれます。3つの中でも最も成果に近いキーワードです。

具体的には、「化粧水 通販」や「資格講座 資料」のようなキーワードです。

Knowクエリとは「ユーザーが情報を得るためのキーワード」

Knowクエリとは、ユーザーが何らかの情報を得たいという意図が含まれるキーワードです。

何かの方法を知りたい、問題や悩みの解決策を知りたいなどの意図が含まれています。

ユーザーの検索意図はアクションを起こすことではなく、あくまで情報を知ること。ですが、コンテンツSEOにおいてはDoクエリ以上に重要視されるキーワードです。

具体的には、「ペペロンチーノ 作り方」や「フランス語 勉強法」のようなキーワードがKnowクエリになります。

Goクエリとは「特定のウェブサイトを見つけるためのキーワード」

Goクエリとは、ユーザーが特定のサイトを見つけるときに用いられるキーワードを指します。

このクエリで検索するユーザーは、「このサイトにたどり着きたい」という明確な意図を持っています。主に公式サイトを見つけるときに使われるキーワードです。

具体的には、「マクドナルド 新商品」や「Twitter ログイン」などがGoクエリと呼ばれます。

SEO対策はあくまで集客方法の1つ。ユーザーにとって最適な手法を見きわめよう

SEO対策はあくまで集客方法の1つにすぎません。

記事の冒頭でも紹介したように、自社のサイトにユーザーを集客するにはSNSやダイレクトなど様々な手段があります。

集客する目的や対象となるユーザーによっては、SEO対策が適さないこともあります。

SEO対策はとても便利ですが、決して万能ではありません。ですから、どのようにして集客するのがユーザーにとって最適なのか、見きわめることが大切です。

ECサイトのSEO対策については「【2018年版】SEOに強いECサイトを作るための対策と成功事例を紹介します」でも詳しく紹介しているので、気になる方はあわせてご一読ください。

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事