TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現 TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現

Googleアナリティクスの設定・使い方紹介!360Suite導入のメリットは?

  1. アナリティクス

現在、Wordpressをはじめ様々なツールやサービスが普及し、個人も企業も昔と比較してはるかに低コストでWebサイトを制作することができるようになりました。そして、それに伴ってWebサイトへのアクセス集計や分析も、限定された人しかできないものではなく、誰もが簡単にできるものへと変化を遂げています。

「Googleアナリティクス」はWebサイトの運営者に最も利用されている解析ツールです。
アクセス解析以外に、CV(コンバージョン)集計やユーザー属性の分析など、マーケターにとっては無くてはならないデータが、無料で取得できます。

今回は、初心者でもできるGoogleアナリティクスの設定方法や使い方、より高度な分析ができるGoogleアナリティクス有料版の「360 Suite」を紹介します。

Googleアナリティクスとは

上記にも述べた通り、Googleアナリティクスとは、Googleが提供するWebサイトの解析ツールです。基本の利用料金は無料ですが、例えば以下のようなWebサイトの解析に必要な情報が一通りそろっています。

  • サイトを訪問したユーザー人数
  • ユーザーが閲覧したページビュー数
  • どんな経路を使ってWebサイトにやってきたのか

Googleアナリティクス設定方法

Googleアカウントを作成する

Googleアナリティクスを使用するためにはGoogleのアカウントが必要です。
既にアカウントを持っている人はそちらを利用しても構いませんし、状況によってGoogleアナリティクス専用として新たに作成しても良いでしょう。

Googleアナリティクスアカウント作成/トラッキングコードの取得

Googleアカウントを作成した後は、必要な項目を入力し、Googleアナリティクスアカウントを作成し、トラッキングコードを取得します。トラッキングコードとは、Webサイトに訪問したユーザーのデータを取得するために、各ページに埋め込むためのタグを指します。

Googleアナリティクスアカウント作成


アカウント作成に必要な、主な入力内容は「アカウント名」、モバイルアプリではなくWebサイトをトラッキングの対象で選んだ場合は「Webサイト名」「サイトURL」も求められます。

アカウント名には個人名だけでなく会社名を使うこともできます。Webサイト名は、Webサイトのタイトルを記入しましょう。また、サイトにどのようなことを書いているかについては、当てはまる業種を選びます。

わかりにくいのがレポートのタイムゾーンというところですが、これはサイトを見てくれる人が、どこの国にもっとも多いかということです。
日本で運営しているWebサイトの場合は、日本を選ぶことが多いですが、例えば越境ビジネスを行っているWebサイトなどであれば、ターゲットに応じて世界各国から選んでもよいでしょう。

トラッキングIDの取得


入力が済んだら下の画面へとスクロールし、チェックボックスに入っているチェックはそのままにしておいてトラッキングIDを取得します。
もし、Googleと情報を共有したくない理由がある場合は、チェックを外してもトラッキングコードの取得はできます。

Googleアナリティクスの利用規約が表示されたら、日本語表示にしてから同意すると、UA-xxxxxxxxxといった表示が現れます。これがトラッキングIDとなります。忘れないようにメモしておきましょう。
また、もう少し下の方に8桁程度のコードが表示されていますが、これがトラッキングコードになります。
同じくUA-に8桁ほどの数字が並んでいますので、これも一緒に控えておくことが大事です。

トラッキングコードはたくさんのアルファベットの中にありますので、見にくいのが難点ですが、設置する作業でこのページがまた必要になることから、作業が終わるまではウィンドウはそのまま開いておくと作業しやすくなります。

また、運用中も管理画面からトラッキングコードを確認することが出来ます。プロパティから「トラッキング情報」を選択し「トラッキングコード」を選べば確認ができます。

トラッキングコードの設置

まず、トラッキングコードをからまでコピーします。HTMLのタグの直後に、コードを張り付けることで設置は終了です。

ここで注意したいのは、トラッキングコードはWebサイトの1ページに貼れば完了なわけではなく、データを取得したい全ページにトラッキングを入れる必要があることです。
キャンペーンページやLP(ランディングページ)を単発で作成する時など、つい入れ忘れてしまうことがないよう気を付けてください。

また、WordPressを使ってWebサイトを作成することも多いと思いますが、その際には「All in One SEO」という便利なプラグインをインストールしておくのがおすすめです。「All in One SEO」の「GoogleアナリティクスID」にトラッキングIDを入れることによって、そのWordPress内で作成される前ページに自動的にトラッキングコードが設定された状態となります。

トラッキングコードの設置が完了しても、データの反映までは1~2日かかります。
数日経ってGoogleアナリティクスでデータ解析ができていれば、きちんと反映されていることがわかりますが、一向に反映されない場合はトラッキングコードの設置方法が間違っていると考えられますので、よく調べてやり直しましょう。

必ず押さえたい基本の4機能

では、さっそくGoogleアナリティクスを使ってみましょう。
Googleアナリティクスの機能は項目が多く、複雑な印象を受けますが、まず注目すべきなのは、「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」の4つの機能です。その4つの機能についてご紹介していきます。

「ユーザー」

サイトの訪問数やページビュー数、使用しているデバイスなど、ユーザーに関する幅広いデータを見ることができるメニューです。
このメニューで「概要」を見ると、サイト全体の平均がどのくらいなのかも調べることもでき、アクセス解析においてもっとも役に立つと言えます。

「集客」

訪問者がどこから訪れたのかがわかるメニューです。
例えば、サイトにアクセスした人がGoogleやYahoo!などの検索結果でやってきたのか、他のWebサイト内に貼られているリンクから入ってきたのかなどがわかります。

「集客」のチャネルから、主に7つのカテゴリに分けて流入元を調べることができます。

  • Organic Search (Google、Yahoo!から検索してサイトに流入)
  • Paid Search (リスティング広告などからサイトに流入)
  • Direct (URLの直接入力やブックマークからサイトに流入)
  • Referral (他のサイトのリンクから流入)
  • Social (SNSからサイトに流入)
  • Display (バナー広告からサイトに流入)
  • Other (その他から流入)

「行動」

サイト内での訪問者の行動データをチェックできるメニューです。サイト内におけるすべてのページのPV数やセッション数などを確認することができます。そのほかにも、ランディングページなどのセッション数なども見ることができます。

「コンバージョン」

コンバージョンの数(会員登録や商品購入など、そのサイトの目標の数)を見ることができるメニューです。コンバージョン数をチェックすることはサイト改善に非常に役立つため、こまめに見ることをおオススメします。

Googleアナリティクスを使うメリット

1.気になることが数字で表示されるわかりやすさ

サイトを訪れてくれた人が多いと喜んでも、レポートをよく見ると直帰率が高いということがあります。
これは、1ページだけ見て帰っていったユーザーの割合を示しており、訪れたことは訪れたけれど、1ページ見て「いいや」と思って帰った人が多かったと考えられます。

直帰率が高いとなれば、内容を検討し直すことが不可欠です。その参考になるサイトの中でどのページやコンテンツが多く見られたかがわかるページビュー数や、一度の訪問でどのくらいのページを見てくれたかがわかるページ/セッションです。
これらの数字から、どのようなコンテンツに関心が示されているかがわかり、より充実させるべきところがどこかが判明します。

Googleアナリティクスを使っていないと、自分のサイトがどのように閲覧されているかを客観的に知ることができませんので、数値化によってサイトがどのように見られているかがわかるというのが、Googleアナリティクスを使う最大のメリットです。

2.流入元を把握し効率良い広告出稿を

流入元を知ることのメリットは、検索エンジンならどこを利用したのか、ソーシャルメディアではどこから訪れてくれた人が多いのかによって、流入元を充実させることで、訪問者数をより多くできる点です。

検索エンジンの場合は少し難しいですが、ソーシャルメディアの場合、自分も利用しているなら、そこでサイトの宣伝を織り込んでみたり、誘導してみたりするといったことが可能です。

有料版 360 Suiteを作ってみるのもオススメ

Googleアナリティクスでは、Googleアナリティクス 360 Suite(スイート)という有料版もあります。
無料版よりアクセス解析の品質が高いので、より高度な解析を求めたい人にはうってつけのツールです。
例えば制限が緩和され、データ処理頻度が多くなったり、データ分析のカスタム数上限も無料版よりも増やすことが可能です。
更に、教育トレーニングや導入設定サポートなど、実際の分析ツール以外でのサービスが手厚いのがポイントです。費用は明示されておりませんが、Googleアナリティクスをフル活用してマーケティングを行いたいと思っている方は検討してみてもいいかもしれません。

Googleアナリティクスを利用する一番の目的は、よりよいサイトにするための現状の把握と、現状から見えてくる改善方法がわかることです。
そんな高性能の解析ツールを無料で使えるのが、Googleの凄さとも言えるでしょう。

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事