TIG comeerece TIG comeerece

分散型メディアに注目すべき理由!トレンドのキャッチアップはSNSから

  1. ソーシャル

インターネットを活用したPRのトレンドは常に変動しています。しかしながら、これまでの数あるインターネットを取り巻くニュースにおいても、スマートフォンの普及によるインターネット人口の増加ほどインパクトの大きい出来事はなかったことでしょう。

インターネットに接続しているアクティブユーザーの数が極端に増加したことで、ユーザーに情報やサービスを提供する側にも大きな影響を与えました。

検索エンジンの最適化、いわゆるSEOのアルゴリズムは常に変化し、利用者にとって良い環境を提供できるよう対応に追われていますし、SNSの登場は情報発信のあり方さえも大きく変わっていくことになりました。

そして現在、インターネットを通じた企業の広報・広告活動にも時代に伴ったスムーズな変化が求められています。これまでは自社サイトを製作し、サイトからSEOを駆使してコンテンツを配信していたのが、SNSなどを用いた分散型メディアを採用していくことが重要であると言われるようになりました。

めまぐるしく変化するインターネットのトレンドですが、常に最前線を追いかけることにより次のトレンドへのキャッチアップも素早く行えることができるようになります。

今回は新しい潮流とされる分散型メディアの概要と、その効果などについて説明していきます。

  • SNSに重きを置く分散型メディア
  • webサイトはあくまでも副次的なコンテンツ配信として活用
  • 陳腐化しつつある検索エンジンやSEO対策

分散型メディアについて

分散型メディアは、簡潔に言うとSNSでのみ情報発信を行うタイプのメディアです。現在を含め、これまでインターネットにおいて存在感を示すためのセオリーというのは、自社によるwebサイトを設置し、サーチエンジン最適化によって直接ユーザーを獲得するという手法でした。

SNSはもはや無視できない存在に

twitterやFacebook、instagramなど、現在は様々なSNSが莫大な数のユーザーを抱えていますが、分散型メディアはSNSに存在するアクティブユーザーにターゲッティングし、彼らに積極的なアプローチを試みるという施策です。

SNSのユーザーが急激に増加し、かつそこで行われる情報交換の濃度の高さも相まって、「バズ」と呼ばれる現象が頻発するようになります。

ひょんなことから短期間で莫大な数の人が同じニュースに注目し、その情報を発信していた人や紹介されていたものに現実ではありえない人数の目に止まることで、現実世界にも大きな影響を及ぼすようになるこの現象は、特にtwitterを中心として発生するようになってきました。

このバズの発生によってtwitterのアクティブユーザー数は増加し、それによってバズの頻度も火を追うごとに増加するなど、ふとした拍子で爆発的な注目を集める減少が日常的になりつつあります。

バズによって数ヶ月前には無名だった漫画家が一夜にして数十万ものプレビューを自分の作品に獲得することができたり、とあるグッズや食べ物がバズが起きた次の日には完売してしまうなど、もはやTV広告と同程度か、それ以上の経済効果を生み出しているともいえるでしょう。

このようなレスポンスの早いコミュニティでの発信活動を積極的に行っていくのが分散型メディアの最大の特徴です。

従来のメディアとの違い

少し前まで、SNSは自社サイトの宣伝など、外部コンテンツをサポートするために運用していました。しかしながら分散型メディアは、SNSでの発信に集中し、SNSを中心に全てを動かすことが基本となります。

そのため従来のメディアとの大きな違いは、やはりwebサイトを持たないということが挙げられるでしょう。

せっかく情報配信に取り組んでいるのにホームとなるサイトが存在しない、というのはいささか不安を覚える手法かもしれませんが、事実この手法を採用することで成功している事例がいくつも存在します。

ポピュラーな分散型メディアの事例

数年前から活動している分散型メディアは、すでに多くのユーザーのPVを集めています。

Now This

例えば動画による世界のニュースを発信しているNow Thisは、snsでの配信に集中してニュース報道を行なっている分散型メディアのパイオニアです。

主にFacebookでの活動が主体ですが、twitterやinstagramでも配信を続けており、あらゆるSNSで世界中のユーザーを獲得し続けている巨大分散型メディアとなりました。

ちなみにwebサイトは少し前まで活動していなかったのですが、最近はその知名度が向上したこともありSNSでは配信できない濃い内容のコンテンツを配信しています。

ただ長編インタビューなどをwebで配信しているとはいえ、あくまでも副次的にあコンテンツに過ぎず、主なコンテンツ配信はSNSで行うという姿勢は変わっていません。

https://nowthisnews.com/

公式サイト:https://nowthisnews.com/
twitter:https://twitter.com/nowthisnews

C CHANNEL

C CHANNELは日本発の分散型メディアです。主に10~20代の女性ユーザーに焦点を当てたコンテンツを公開しており、料理やメイク、ボディケア、ファッションなど様々なジャンルの情報を、動画で配信しています。

webサイトではSNSで配信しているコンテンツをまとめて確認できるほか、webサイト限定コンテンツなども後悔しており、SNSとwebサイトの両方うまく使い分けています。

最近の分散型コンテンツは、SNSに主体を置きつつもwebサイトのコンテンツにも余念が無い形式のものが主流となっています。

また、C CHANNELに関しては公式のアプリケーションも配信されており、アプリから直接コンテンツを楽しむこともできるようになっています。

公式サイト:https://www.cchan.tv/
Facebookページ:https://www.facebook.com/cchantv/

このほかにも様々な分散型メディアが存在しますが、トピックとして多いのはやはりグルメコンテンツです。インスタ映えという言葉が流行っていますが、SNSで受けやすいコンテンツとしては食べ物の話題は避けて通れないということでしょう。

最近ではそういったメディアと食品ブランドのコラボなども目立つようになり、分散型メディアのPR効果にも大きな注目が集まっています。

SNS検索の時代が到来

分散型メディアがポピュラーになっていく理由として大きいのは単にSNSの利用者が増えているだけにとどまりません。

検索エンジンの重要性低下。SNSの台頭

現在SNSの最前線で起こっている事例として、SNSはもはやただの副次的なサービスではなく、GoogleやYAHOOがになってきた検索エンジンとしての役割も果たし、情報収集の要として機能しているケースが挙げられます。

私たちのインターネットは検索エンジンによって成立し、日々の情報収集に役立てられているというのが従来のあり方でしたが、ネット利用者が極端に増え、一つの検索エンジンでは優れた情報を選別しきれないという自体にも直面しています。

SNS時代の到来と分散型メディア

現在検索エンジントップに現れるのは情報として優れたコンテンツではなく、SEO対策が優れているコンテンツです。そのためネットリテラシーの高いユーザーはすでに検索エンジンを離れ、SNSで情報収集に当たっているという話も耳にします。

また、今の10~20代のソースもSNSが主流となっているというデータもありますが、これはネットリテラシーよりもむしろ普段から馴染みのある場所で情報を探したいという思いであったり、新鮮な情報はSNSが一番であるという信頼感から来る現象であると考えられます。

検索エンジンはもはやトレンドではなく、時代性に関わらない情報を調べるための、言ってしまえば図書館のような存在胃へと変容しつつあるのが現状なのです。

まとめ

もはや検索エンジンよりも、新しくて面白い情報はすべてSNSに集積される。そのようなインターネットの常識が広く認知されるようになることで、SNSでの活動を主とする分散型メディアの重要性は、ますます増加していくことになるでしょう。

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事