サービス集客のためのSEMノウハウ~検索マーケティングのオプション

  1. デジタルマーケティング

一般的にはオンラインマーケティングと言えばGoogleをはじめとしたサーチエンジンを利用する形が真っ先に思い浮かびますが、この他にも機能的な意味合いでの「サーチエンジン」はたくさん存在します。

本記事ではサーチエンジンを活用したマーケティング手法SEMについて、ノウハウやヒントをお伝えします。

SEMとは

サーチエンジンを利用したマーケティングはSEM(=Search Engine Marketing)と呼ばれています。検索エンジンを通じて自社サイトや自社メディアに集客するなど、検索エンジンを起点として展開するマーケティング手法のことです。

SEMに利用できるサーチエンジン

ここでは知名度の高いYouTube、Amazon、TripAdvisor、Yelp、そしてeBayを活用してオンラインマーケティングを成功させるためのSEMノウハウやヒントをご紹介しましょう。

YouTube: 説明文とサムネイルにフォーカス

動画でのマーケティングは、企画から編集に至るまで非常に多くの時間と労力を要するため、重要度は高いにもかかわらず陽の目を見ることなく終わってしまう要素がたくさんあります。

WpromoteのシニアSEOマネージャー、ジャスティン・マックキニー氏は、「商品説明文とサムネイルを効果的に利用しましょう。説明文が長いとYoutube側にビデオの内容をしっかりと理解してもらう事ができますし、その結果ランキングも上がります。また、興味をそそるサムネイルを用意できれば、クリック率は上昇します」と話します。

また、説明文にはキーワードをふんだんに取り込み、リンクを商品ページ上部に貼るようにします。Youtubeの説明文は最初に表示されるのは100文字ほどに限られますから、たとえ「もっとみる」をクリックしてもらえなかったとしても次の行動につながるインパクトのある文章を作るようにしましょう。

基本的には全体で250~500文字に抑えるのが望ましいですが、場合によっては最大限の5000文字まで十分に活用する方が効果的なケースもあります。

サムネイルはご存じの通りクリック率に関係してきます。興味をそそるサムネイルを作るにはA/Bテストが必要な場合が多く、背景の色調、文字、アニメなどを試してみて、決定したらチャネル間で一括してそのサムネイルを使用するように徹底します。具体例としてはKlipschのYoutubeページをチェックしてみることをお勧めします。

Amazon: コンテンツよりコンバージョン

我々が、世界最大のEコマースショップAmazonを訪れる目的は「実際に買い物をする」か「買いたいと思っている商品をチェックする」の2つです。従って、Amazonでのマーケティングを考える時は、バイヤーの視点からのアプローチが効果的で、前出のマックキニー氏は「一般的な検索とは違って、Amazonではコンテンツよりもコンバージョン率の方か重要です。商品リストを最適化させてコンバージョン率を上げる、これがランキングアップのコツです」と説明します。

リストにはキーワードを含むことも重要ですが、読みやすくそれでいて内容がスッと頭に入ってくるような文体である事もカギとなってきます。
また画像も大切な要素で、目に優しい1000 X 1000ピクセルの高画質画像を用意すると、拡大して見るにも最適です。実際に画像をアップする前に、Amazonではどのような画像がスタンダードなのかをしっかりと把握するようにしましょう。

TripAdvisor:写真が多いほど効果大

今年発表されたデータによると、旅行系のレビューとしてはTripAdvisorが最も信頼度の高い情報源として認知されています。これはつまり、特にホスピタリティ業界ではTripAdvisor上での存在感を高めることがこれまでにも増して重要になってきている事を示しています。

TripAdvisorで広告効果をあげるには、高いレビュー評価、投稿に対する返答、そして予約用リンクをページに貼るといったようなポイントが欠かせません。また、画質の良い写真を数多く掲載することで利用客を多く取り込むことが期待できます。

WpromoteのSEOディレクター、バート・ピータース氏は「お客様にアピールするには画像の質が重要になってきます。

例えば、ホテルの場合まず間違いなくお客様は部屋の様子を見たいと思っており、レストランの場合は料理をチェックしたいのは当然です。ちなみにTripAdvisorでは、30種類以上の写真を掲載していると10種類以下のケースに比べてセールスに結び付く確率が41%も高くなるということが分かっています」と話します。

画像出典:https://www.tripadvisor.jp/

Yelp: レビューに素早く定期的に返事をする

レビューに返事をするということは時間のかかるものですが、SEOを向上させる上でレビューに対応するのは長い目で見れば大きな効果があります。
Yelp上でのランキングは返答の掲載までにかかった時間が大きく影響しますが、返信にキーワードを含むことでランキングを一気に上げることができます。

例えば、コンピューターの修理をする会社であれば、もらったレビューに「この度はコンピューターの修理をご依頼いただきありがとうございました。●●(利用者の住むエリア)周辺にお住いのお友達にもご紹介いただけると幸いです」などと返答するのがいいでしょう。

レビューは必ずしも全てに返答する必要はありませんが、これは返事をするべきというタイミングを見極めるようにしましょう。
特にネガティブなレビューに対しては、必ず返事をして埋め合わせをするのが大切です。新規顧客を得るのは既存の顧客をキープするより25倍コストがかかるという事実もありますから、しっかりと謝罪すべき点は謝罪して、ミスに対する責任を取るようにしましょう。

eBay: できるだけ詳しく

消費者がオンラインで買い物をする際に、「メンズ 靴」などといった幅広いキーワードで検索した場合は、表示される結果を全てスクロールしてチェックすることはまずしません。
従って、eBayに商品をアップするときにはできる限り詳しい商品情報を載せることが重要になってくるのです。一般的には5~25種類の情報を含むのが望ましいとされていますが、数にこだわりすぎるのではなく、いかにして消費者に自社商品を見つけてもらいやすくするかを意識するようにするとセールスアップにつながりやすくなります。

掲載用説明文としては、関連性のあるキーワードを最初と最後に入れて少なくとも200文字は準備して、ランキングやセールスを上げるには80%を商品説明、20%をeBayに特化したプロモーション文章といった「80・20戦略」を活用していきましょう。

さいごに

いかがでしたか?
ここで紹介したSEMノウハウの5つのヒントを応用して、皆さんも効果的にセールスアップと検索ランキングアップを実現させてください。

★この記事は5 Tips for Alternative Search Engine Marketingを本メディアが日本向けに編集したものです。

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事