TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現 TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現

アクセンチュアのデジタルマーケティングにおける独自性とは。主要デジマ企業と比較

  1. デジタルマーケティング

「アクセンチュアのデジタルマーケティングっていったいどんなサービスなの?他のサービスと何が違うのだろう…」
と疑問をお持ちの方。

アクセンチュアのデジタルマーケティングは、主要のデジマ企業と比較すると独自の分析結果を基に多くのサービスを開発しています。
アクセンチュアにおける独自の分析結果を取り入れることで、新たなビジネスを見つける機会が増えます。
とはいえ、主要のデジマ企業との違いはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • アクセンチュアデジタルの特徴
  • 主要のデジマ企業との違い
  • アクセンチュアのデジタルマーケティングのサービスと具体例

について説明します。

デジタルマーケティングと聞くと難しそうなイメージを持つかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。
これからデジタルマーケティングを取り入れようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アクセンチュアデジタルが取り組むこと:デジタル領域での幅広いサービス

アクセンチュアデジタルは、インターネットなどを用いるデジタル領域で幅広いサービスを提供しています。
アクセンチュアデジタルが提供するサービスは、問題の解決や研究開発、新事業の開発などです。
サービスを実行するにあたり、強みとなるのが

  1. インタラクティブ
  2. アナリティクス
  3. モビリティ

の3つ。それぞれ詳しく説明します。

1. インタラクティブ:マーケティングの支援

インタラクティブとは、最新の技術を使ったマーケティングの支援です。
例えば、WEBサイトにおける市場ニーズや流行の変化を測定した場合。その結果から、数十年後に予想されるアクティブユーザー数の増減や検索ワードの変化を収集して分析します。

アクセンチュアデジタルは、問題点を研究しつつ分析することで質の高い支援が可能です。これにより、クライアント企業における市場の攻略をサポートします。
また、クライアント企業と消費者のコミュニケーションを見直して改善策を提案することも可能です。

2. アナリティクス:データ解析で業績を改善する

アナリティクスとは、クライアント企業が持っているデータを解析して業績の改善をすることです。
例えば、クライアント企業がもつ大量のデータを解析することで、消費者の行動を予測したり新たなサービスを提案したりして業績アップを図ります。

アクセンチュアデジタルは、データを分析することでクライアント企業に戦略から実行までのサービスを提供して業績を改善します。

3. モビリティ:企業にデジタル化を取り入れる働き

モビリティとは、クライアント企業にデジタル化の取り入れを勧める働きのことです。
例えば、営業先でタブレットを使った商品の説明や社内データの提示を可能にし、その結果として効率よく業務を進めることができます。
アクセンチュアは事業のチャンスを広げるため、

  • B2B:企業と企業の取引
  • B2E:企業と企業の従業員の取引
  • B2C:企業と一般消費者の取引
  • M2M:機器間の通信

でデジタル化の導入、つまりモビリティを提供します。
これら3つの強みをもったアクセンチュアの具体的なサービスについては、次で紹介しますね。

引用:アクセンチュア株式会社
https://www.accenture.com/jp-ja/new-applied-now

アクセンチュアの具体的なサービス内容

アクセンチュアの具体的なサービスは、以下の通りです。

  • マーケティングパフォーマンス戦略
  • メディアプランニングとアナリティクス
  • 顧客体験の管理/最適化
  • 顧客データ管理/アナリティクス
  • IT/組織の構築
  • デジタルイノベーション

それぞれ詳しく説明します。

マーケティングパフォーマンス戦略

マーケティングパフォーマンス戦略では、クライアント企業が設定した最終的な目的を達成するために優先するべき業務の順位をはっきりさせます。
例えば、WEBサイトの訪問者を増やすことを目的にした場合。その目的を達成するには

  • 訪問前の行動を分析
  • ページ上の行動を分析
  • 新たなキーワードを設定

などの対策が必要です。
クライアント企業が抱えている問題をふまえて、目的の達成に直接つながる対策を優先的に実行することで、最終的なユーザー獲得を支援します。

メディアプランニングとアナリティクス

メディアプランニングとアナリティクスとは、戦略的にメディアの計画およびデータの分析ができているかを判断することです。判断した結果から、マーケティングにおける投資の管理や最適化を支援します。

例えば、WEBサイトにおいて広告を利用しているのであれば、まずはWEBサイトの運用データを分析。広告費が適しているかを判断します。
分析の結果で予算を超えていると判断された場合、アクセンチュアは施策を打つことでコストダウンを図ります。
クライアント企業は、メディアプランニングとアナリティクスによりWEBサイトの運営を最適化することが可能です。

顧客体験の管理/最適化

顧客体験の管理/最適化とは、実際に商品を購入したお客さまのレビューとアナリティクスによる最適化から、これから商品を買ってくれそうな消費者の関心を高めて見込み客を増やすサポートです。

例えば、実際に商品を購入したお客さまの意見を分析して、新たに興味を持ってくれそうな消費者に向けた訴求で見込み客を増やします。
アクセンチュアデジタルでは、理論的な訴求をすることでクライアント企業に対する関心を高めるサポートをします。

顧客データ管理/アナリティクス

顧客データ管理/アナリティクスでは、消費者に関するデータや買うきっかけとなる情報を集めます。そのデータを分析することでクライアント企業の商品に対する関心を高めることが可能です。

分析した結果から狙った消費者に対し、サービスを利用してもらうために必要となる情報を見つけ出すことができます。
顧客データ管理/アナリティクスは、クライアント企業ブランドに対する関心を高める重要な機能です。

IT/組織の構築

IT/組織の構築では、ITや組織の基盤を作ったり管理したりして、作った基盤からデジタル化に向けての準備までの段階をサポートします。基盤とは、クライアント企業でのデジタル化に向けた下準備のことです。

アクセンチュアは、デジタル化するために最も重要となるITや組織の基盤を構築します。さらに、この管理を一貫して提供することが可能です。

デジタルイノベーション

デジタルイノベーションでは、クライアント企業において最適となるデジタル化を提案します。
例えば、現状よりも成果を上げることを目的とするのであれば、提案するのは

  • 課題の洗い出し
  • 実行可能な改善案と評価
  • 新しいマーケティングの性能テスト

などのデジタル化です。
では、アクセンチュアのデジタルマーケティングコンサルとビジネスコンサルの違いはどこにあるのでしょうか。

アクセンチュアのデジマコンサルとビジネスコンサルの違い

アクセンチュアのデジタルマーケティングコンサルとビジネスコンサルの違いは、

  • デジタルマーケティング:コンサルを通して新しいものを生み出す
  • ビジネス:問題点に対してプロのコンサルが解決案を提示する

です。
デジタルマーケティングコンサルの特徴は、デジタル化を活かして新たなビジネスを生みだすこと。一方、ビジネスコンサルの特徴は、業界を熟知したプロが解決案を提示します。

以下でそれぞれのコンサルについて詳しく説明します。

アクセンチュアのビジネスコンサル:業界を熟知したプロが解決案を提示

アクセンチュアのビジネスコンサルでは、業界を熟知したプロが解決案を提示します。
ビジネスコンサルは、業界によって問題点が異なるため、業界の事情や業務の内容を熟知した人材が担当します。業界をよく知っているプロによって問題点を指摘しつつ、はっきりとした解決案を導き出すことが可能です。

また担当者は、クライアント企業の

  • 組織の形態
  • 経営の戦略
  • 業務のプロセス
  • 従業員について

などの細かい情報を集めつつビジネスコンサルを進めます。

アクセンチュアのビジネスコンサルでは、クライアント企業を全体的に見直して業務における問題の解決案を提示します。

アクセンチュアのデジマコンサル:デジタルを活かして新たなビジネスを生む

アクセンチュアのデジタルマーケティングコンサルは、デジタル化を活かしてクライアント企業での新たなビジネスを生むサポートです。
アクセンチュアのデジタルマーケティングコンサルは、先述した通り以下の3つに分類されます。

  1. インタラクティブ:マーケティングの支援
  2. アナリティクス:データ解析で業績を改善する
  3. モビリティ:企業にデジタル化を取り入れる働き

アクセンチュアはこれら3つを用いてクライアント企業を分析しつつ、収益の見込みがあるビジネスを把握して新しい価値を生み出すサポートをします。
では、実際のアクセンチュアにおけるデジタルマーケティングはどのような事例があるのか、次で解説します。

アクセンチュアのデジタルマーケティング事例

ここでは、

  1. 消費財メーカーのマーケティング効率を向上
  2. MSAセーフティ社の発信力アップ、製品コンテンツ管理
  3. ディスカバリーネットワークス社の統合デジタル基盤を構築

という3つの事例を紹介します。

1. 消費財メーカーのマーケティング効率を向上

アクセンチュアのデジタルマーケティングで、消費財メーカーのマーケティング効果を向上しました。
クライアント企業では、

  • 高いコスト
  • キャンペーン/マーケティング・データベースの低パフォーマンス

の悩みを抱えていました。
そこでアクセンチュアは、デジタルマーケティングに関係する消費者データの管理とキャンペーンマネジメントを提供します。

その結果、新しいマーケティングの

  • クオリティ
  • スピード
  • 柔軟性

などの価値を向上させつつ、キャンペーンの実施コストも削減できました。

2. MSAセーフティ社の発信力アップ、製品コンテンツ管理

アクセンチュアのデジタルマーケティングでMSAセーフティー社を支援して、発信力アップとコンテンツの効率的な管理ができるようになりました。MSAセーフティ社とは、米国でヘルメットや落下防止の器具などの安全用品を造る会社です。

デジタル化の基である基盤を統一することで、

  • 情報の共有
  • 必要経費の低減
  • データ検索の簡易化

などが可能になります。

デジタル化の効果を最大限に発揮できる環境をつくり、グローバルでの発信力と製品コンテンツを効率的に管理することに成功しました。
この結果、今まで必要とされていたコストを削減することができたのです。

3. ディスカバリーネットワークス社の統合デジタル基盤を構築

アクセンチュアのデジタルマーケティングで、ディスカバリーネットワークス社の統合デジタル基盤を構築しました。ディスカバリーネットワークス社は、アメリカにあるケーブルTVネットワークの会社です。

ディスカバリーネットワークス社は、「フュージョン」という国際的に統合されたデジタルプラットフォームを構築しました。
フュージョンは、複数のデバイスでコンテンツが利用できるオンラインTVチャンネルです。例えば、パソコンで見たコンテンツがスマートフォンで見れるなど、いくつもの端末を横断して視聴することができます。

フュージョンを構築したことで、次世代のニーズに合うサービスを提供することができるようになりました。
次は、アクセンチュアと主要なデジタルマーケティング企業との違いを紹介します。

アクセンチュアと主要デジマ企業との違い

アクセンチュアと主要デジマ企業との違いは

  1. コンサルだがサービスを作って提供すること
  2. 海外の進んだデジタルマーケティングの考え方を取り入れていること
  3. 日本の市場に合わせたサービス開発をしていること

といった3つです。

それぞれ詳しく説明します。

1. コンサルだがサービスを作って提供すること

アクセンチュアのデジタルマーケティングは、コンサルですがサービスを作って提供します。
従来のコンサルは企画の提案が中心ですが、アクセンチュアのデジタルマーケティングの場合は、実際に新しいサービスを作り出すことができます。

デジタルマーケティングに求められているのは、「すでにできているもの」ではなく「今までにない新しいもの」です。
アクセンチュアでは、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • コンサルタント

などが同じ問題に対して向き合い、「今までにない新しいもの」の提供が可能です。

2. 海外の進んだデジタルマーケティングの考え方を取り入れていること

アクセンチュアのデジタルマーケティングは、海外の考え方を取り入れています。
アクセンチュアのデジタルマーケティングでは、海外で使われているデジタルマーケティングの方法論を日本のマーケットに最適化しつつ提供します。

同時にアクセンチュアがもつ、海外の先進的なテクノロジーベンチャー技術の活用も可能です。その技術を使うことで、競合の企業が簡単には真似できないサービスを作ることができます。

3. 日本の市場に合わせたサービス開発をしていること

アクセンチュアのデジタルマーケティングは、日本の市場に合わせてサービスの開発をします。
外資系コンサルやIT関係では、グローバルの知見はありますが日本でサービスの開発する企業はほとんどありません。

アクセンチュアのデジタルマーケティングは、世界に通用するサービスを日本で開発しつつ提供します。

まとめ:アクセンチュアのデジタルマーケティングにおける独自性とは

この記事では、アクセンチュアのデジタルマーケティングにおける独自性について説明しました。ざっとおさらいします。
アクセンチュアデジタルは、インターネットなどを用いるデジタル領域で幅広いサービスを提供しています。

アクセンチュアのサービスを実行するにあたり、強みは

  1. インタラクティブ
  2. アナリティクス
  3. モビリティ

の3つ。

そしてアクセンチュアの具体的なサービスは、

  • マーケティングパフォーマンス戦略
  • メディアプランニングとアナリティクス
  • 顧客体験の管理/最適化
  • 顧客データ管理/アナリティクス
  • IT/組織の構築
  • デジタルイノベーション

です。

アクセンチュアと主要デジマ企業との違いは、

  1. コンサルだがサービスを作って提供すること
  2. 海外の進んだデジタルマーケティングの考え方を取り入れていること
  3. 日本の市場に合わせたサービス開発をしていること

となります。
アクセンチュアのデジタルマーケティングは、今までにない独自の方法で新しいチャンスを生むようなソリューションを提供しています。

とはいえ、コンサルを受ける前に、まずは自社の問題点を洗い出すところから始めていくのがおすすめです

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事