TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現 TIG comeerece(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現

Webマーケティングにおけるプロモーションとは?王道手段を改めて解説

  1. デジタルマーケティング

Webマーケティングにおいて重要なことは何でしょうか?

Webサイトの改善活動、ユーザーに寄り添ったコンテンツ作り…

挙げるとキリがないのですが、「プロモーション」は最も必要なものの一つと言っても過言ではないでしょう。
今回は、プロモーションの意味を始め、Webマーケティングにおけるスタンダードなプロモーション手段を解説します。

プロモーションとは

マーケティング活動の中に、マーケティング・ミックスと呼ばれる考え方考え方があるのをご存知でしょうか。

マーケティング・ミックスは、マーケティングを行う上で、自社がコントロールできる要素の組み合わせであり、マーケティングの父コトラーが、マーケティング活動の最重要と位置づけている概念です。

コントロールできる要素として、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、そして、プロモーション(Promotion)があげられ、4Pと呼ばれています。

プロモーションの役割

そもそもプロモーションの役割とは、消費者に対して自社の製品や商品の良さを知らせると同時に、買いたいという気持ちにさせるようにもっていくための活動です。

そのため、プロモーション活動を行うにあたっては、何に対する活動なのかという認識から、その製品あるいは商品に対して幅広く、かつ専門的な知識が必要になってきます。
通りいっぺんの説明だけでは、似たような商品がすでに存在している場合、なかなか注目を集めることは難しいからです。

特に昨今は、SNSによる情報発信は驚異的なスピードで広まることから、どのような方法でプロモーション活動を行うかは非常に重要です。

WEBマーケティングにおける代表的なプロモーション活動

では、WEBマーケティングにおいて、そのプロモーション活動には一体どのようなものがあるのでしょうか。代表的なプロモーション活動の例について挙げていきます。

SEO

検索エンジンには、必ず検索されるワードで注目を集める言葉が生まれてきます。
このキーワードがGoogleなどの検索エンジンで検索された際に、検索結果ページで自社ページが上位に表示されていれば、検索をしたユーザーが自社ページを訪問する確率は高くなります。

SEO対策をしっかり行うことで、広告費用をかけずに効率良く自社製品やサービスに関心を持ってもらうことができます。


リスティング広告

検索エンジンと連動する方法としては、リスティング広告を使ってプロモーション活動を行う方法があります。
特定のキーワードに対して、検索結果の上位に表示できるのが特徴です。リスティング広告はクリックされた場合に限って広告料を支払うという仕組みになっているため、クリックされなければ広告費を払う必要がないというメリットも持っています。

今では検索エンジンを使って検索した場合、上位に表示されるのは広告だということを知っている人がほとんどですので、リスティング広告はクリックしないという人も増えているからです。

逆を言えば、本当に関心を持っている人だけがクリックしてくれることになり、宣伝広告費が発生したとしても自社の商品の購入やサービス利用に繋がる確率は高いと言えるでしょう。
費用を抑えつつ、効果的に宣伝したいプロモーションの場合には向いている手段です。

メルマガ配信

メルマガを配信するというプロモーション活動も、Webマーケティングでは王道のプロモーション活動となりました。
個人宛にダイレクトにアプローチすることができるので、セグメントを分け、ターゲットに適した内容を配信できる上に、内容を工夫することで、ユーザーが自分は企業から大事にされていると感じてもらえる点も、企業としては魅力の一つです。

メルマガ配信はさほど手間がかからないこともあって、手間とお金をかけずに行うプロモーション活動として、根強い人気を誇っていると言えるでしょう。

メルマガの内容充実でより宣伝効果をあげる

テキスト形式でなく、HTMLメルマガにし画像を加えることで、より商品の特徴やメリットが伝えられるようになりますので、購買意欲を向上させることができます。

画像の作成に時間はかかりますが、視覚的な訴えによる購買意欲の高まりは、侮れないものがあります。
ただし、あまりも画像を増やしすぎると、メールサイズが重くなって、逆にユーザーから敬遠されることもあるので、注意しましょう。

SNS

SNSの利用が当たり前となった現在、SNSでのプロモーション活動を行わないことは非常に勿体無いと言えるでしょう。
Facebook、Twitter、Instagramで、会社やサービスのアカウントでリリース情報などの告知を行うことで、広告を通すよりも企業側の熱意や人柄がユーザーに伝わりやすくなるメリットがある他、ユーザーがシェアを行ってくれることで広告費をかけずに拡散できる魅力もあります。

ハッシュタグを効果的に使う

SNSでプロモーション活動を行うにあたっては、注目を集めている言葉には、情報がより検索しやすくなるハッシュタグが生まれますので、ハッシュタグをうまく使いこなすこともプロモーション活動を効果的に行うことに繋がります。
さらに、ハッシュタグによって効率良く広めることができます。
SNSを活用してプロモーションを行うなら、ハッシュタグは欠かせない重要なポイントと言えるでしょう。

バナー広告

バナー広告はWEBサイト上にある画像枠に、有料でバナーリンクを表示させる方法です。

クリック率を上げることによって、自社製品に関心を持った人をサイトに誘導するプロモーション活動に最適なのは、視覚に訴えるバナー広告が向いているのは間違いなしです。
ただ、バナー広告は掲載してもらうための枠をあらかじめ購入するという支払い方法が多いため、クリック率が上がらない場合でも一定の宣伝広告費を払う必要があります。

大手メディアなどが提供する枠によっては、非常に高額なので、予算や見込み効果をしっかり把握した上で、実施するのが良いでしょう。

とはいえ、視覚に訴えることができるバナー広告は、見た目の興味を引きやすい上にわかりやすいという強みがあります。

プロモーションで大切なこと

工夫が大切

現代社会で情報収集や暇つぶしメイン舞台となったWEBによって、多くの人に対し様々な方法でプロモーション活動を行うことができるようになりました。

面白いことに、DMや雑誌広告を切り捨ててWEBを使うことに集中させていた会社が、改めてDMや雑誌広告の良さを再認識して再開したという企業もあるようです。
それぞれがもたらすプロモーションの効果は違うということを、受け取る側よりも発信する側の方がしっかりと気付いていると言えます。
インターネットにすっかり慣れた世代にとっても、従来のプロモーションは興味や関心を掻き立てる方法であることに変わりありませんので、目的やターゲットによってうまく使い分けることが非常に大切です。

多くの人が関心を持つことを念頭に置いてWEBマーケティングを行う方法

日本には四季折々に触れて様々な伝統行事があり、海外からやってきたイベントもテーマパークの定着によって増え、和洋折衷で常にいろいろな行事が行われています。
これらをプロモーションにうまく取り入れることができれば、自社の製品やサービスを効果的に消費者に知らせることができ、さらに魅力を感じてもらい、利用や購入に繋げていくことが可能になるはずです。

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事