デジmag.

デジタルマーケティングの事例、ノウハウ情報メディア

LPOの基礎知識からランディングページで効果を出すポイントまでを徹底解説!

広告をたくさん打ち、サイトの検索結果が上位に来るようにアレコレ手間をかけるのは大変な作業です。
なかなかCV(コンバージョン)までつながらないとお悩みのデジタルマーケティング担当者やサイト運営者の方も多いのではないでしょうか。

CVが思い通りに目標達成できない理由は、せっかくユーザーが広告などを見てwebサイトにたどり着いたのに、なぜかサイトから立ち去ってしまっているからかもしれません。そうしたサイト離脱を防ぐためのひとつの方法として「LPO」に注目してみてはいかがでしょうか。

今回の記事は、LPOについて知っておきたい基礎知識から、LPOの効果を上げるポイント、さらには高機能で使いやすいおすすめのLPOツールなどをご紹介していきます。

LPOの基本知識

まずは今更聞くのが難しい、LPOの基礎知識についての解説をしていきましょう。最近デジタル広告を任されるようになったような方でも最低限覚えておくべき基本です。

LPOとは

Landing Page Optimizationの頭文字をとったもので「ランディングページの最適化」という意味です。
webサイトから離脱させずにCV(コンバージョン)につなげるため、ランディングページを改善することです。

まずランディングページという言葉の解説ですが、「Landing/着陸」の意味の通りユーザーがwebサイトの中で一番最初に行き着くページのことを指しています。
検索エンジンで出た検索結果をクリックする、広告バナーやブックマークをクリックするなど、ユーザーがアクションをしてたどり着くページです。

ユーザーが最初に見るwebページと聞くとトップページをイメージしがちですが、決してそうとは限りません。厳密にいえばサイト内のどのページもランディングページに設定することが可能です。
今回の記事では「ランディングページ」を商品購入や会員登録といったサイトの成果=CV獲得を目的とする「1ページ完結型の縦長のWebページ」と定義して解説していきます。

次に、LPOのOの頭文字は「Optimization/最適化」という意味です。
まとめると、LPOとは「ユーザーが検索結果や広告からアクセスして一番最初に見るページを、資料請求や商品購入などの意図するCVまで達成するように設計・改善すること」です。そのため、ユーザーの途中離脱をいかに防ぐかという視点で設計することが重要になってきます。

LPOとSEO

SEOは、Search Engine Optimizationの略で、検索(サーチ)エンジンの最適化と訳されます。Googleなどの検索サイトにおいて検索結果が上位になることを目指して、webページが検索エンジンに評価されるよう設計・改善することです。

競合の情報が溢れる中で一人でも多くのユーザーにwebサイトを見つけ出してもらい、ランディングページへのアクセス数を増やすための方法がSEOなのです。

どれだけLPOに取り組んでも、そもそもランディングページにたどり着くアクセス数が少なければ、商品購入などの成約数(CV)はそれほど増えません。SEO=検索エンジンの最適化に取り組むことは分母を増やすことであり、集客数が増えれば相対的にCV獲得数のアップが期待できるのです。

[clink url=”https://dejima.s-cubism.com/know-how/22021″]

LPOとEFO

EFOは、Entry From Optimizationの略で、エントリーフォームの最適化の意味です。お問い合わせ、お申し込み、会員登録、資料請求、商品の購入など、ユーザーが何かしらの情報を入力する欄がそれに当たります。「CV(コンバージョン)獲得」のために避けて通れないのがこのエントリーフォームなので、その最適化はとても重要といえます。

このエントリーフォームで必須とされるのが「ストレスレス」であること。入力という負担を与える場面で、分かりにくい・使いづらいなどの不満を感じさせると、せっかくのアクションをつまずかせてしまうことになります。

例えば、入力は完了しているのに確認画面でエラーが出てしまう、入力項目が多い、細かい入力も必須項目になっているなど、不具合や煩わしさを感じさせると完了まで至らず、見込みユーザーを逃してしまうでしょう。そして、マイナスの印象を持てば二度と訪れないでしょうし、ひいてはその商品・サービスだけでなく企業への好感度も下げてしまいかねません。

ユーザーがエントリーフォームにおいてストレスと感じる要素を徹底的につぶすEFOは、目標とするCV目前でユーザーを取りこぼさないための秘策です。

LPOの効果をあげるポイントとは

流入口のクリエイティブとの関係性

流入口とは、検索エンジンやSNS・web広告・リンクバナーなどwebサイトに呼び込む窓口のことです。

例えば、Googleなどの検索エンジンでは「検索ワード」を任意で入れ、検索結果に出てきたリンクをクリックしますよね。そこでランディングページが開くのですが、そこに検索した言葉を見つけられなければ、ユーザーは「自分にとって関係のないページだな」と、直帰してしまうでしょう。

広告やSNS・リンクバナーなども同様に、ユーザーはキャッチコピーやビジュアルに興味を持って流入してくるわけですから、ランディングページに自分が思っていたような内容が見当たらないと離脱してしまいます。

つまりは広告やSEOでどれだけ集客しても、ランディングページが的外れだと離脱が起こり、かけたコストがまるで無駄になってしまいます。LPOはランディングページだけを改善するだけではなく、外部施策との関係を整えることもポイントなのです。

流入口とランディングページ双方を共通化したクリエイティブを行い、興味を持って訪問してくれたユーザーの心を離さないようにしましょう。

ファーストビューで逃さない

上記のように、広告とランディングページのズレをなくしても、それがユーザーから見て直感的にわからなければ意味がありません。日々あらゆる情報に触れている現在、ユーザーは自分の求めるwebページに最短で辿り着くように、無意識ながらも瞬時に取捨選択しています。

そんな厳しい目を持っているユーザーは、自分の求めている情報がwebサイトの最初に表示される画面=ファーストビューで一瞬にして目に入らなければ、なかなか下までスクロールしてくれないでしょう。

そして、あれも言いたいこれも言いたいと詰め込んでも、全てがぼんやりして伝わりません。ランディングページは訴求をひとつに絞ってユーザーの心にぶつけることが大切です。また、文章を書く際の一般的なセオリーである「起承転結」も向きません。まず、結論=ユーザーの願いをどう叶えるかということをシンプルでインパクトのある言葉や画像で訴えかけ、ユーザーに「自分に必要な情報だ」と直感させることが重要です。まずファーストビューでつかみ、裏付けは後から解説すればいいのです。

切り口がいくつもあってどれが当たるか判断できないという場合は、A/Bテストといって、部分的にコピーやデザインを差し替えたパターンを用意し、訪問をしたユーザーをAパターンまたはBパターンに割り振って、その効果を集計する方法もあります。

サイトの表示速度

人の印象は初対面の数秒間で決まると言われているように、インターネット上でユーザーがwebページを評価する時間は、3~5秒と言われています。
アクセスしたいWebページがなかなか表示されなくてイライラしたことはありますよね。近年、インターネットの通信速度が格段に上がっているとはいえ、webサイトの作り方によっては、表示速度の遅さでユーザーを取り逃がすことがあるようです。

方法として、webページに載せている画像ファイルを最適なサイズにトリミングするなどが考えられます。ページの表示に3秒以上かかる場合は、いち早く高速化に取り組むべきです。

スマホサイトとPCサイト

PCサイトでの表示を前提にデザインをしたwebページでも、基本的にはスマートフォンでそのまま表示が可能です。しかしPCとスマホでは画面サイズが大きく違うため、PCサイト用に作られたwebサイトをスマホで開くと、文字はもちろん写真やボタンなど全てが小さくなってしまいます。

最近のスマホは高性能なので画面を拡大表示すればしっかり判読できますが、その分webページ全体が把握できないので不便です。自分がユーザーだとしたら、読み進めるたびに画面を拡大縮小しなければならないのはとてもストレスになりますよね。

ユーザーはファーストビューの第一印象だけでなく、こうした操作性の不便さにも厳しいので、これらもサイト離脱の大きな要因になってしまうのです。

スマホサイトとPCサイトのそれぞれの画面でも快適に見てもらうためには2つの方法があります。1つのwebページでスマホ、PCのどちらでも綺麗に見やすく表示するように作成する「レスポンシブルデザイン」という方法と、PCサイトとは別に「スマホ専用サイト」を作成する方法です。

いずれの方法を採用するにしても、スマホ・PCのどちらの画面表示に配慮して片手落ちにならないようにしましょう。

AMP対応

上記に加えて、AMP(Accelerated Mobile Pages)と呼ばれるモバイルページを高速化させる対応も最近話題になっています。
読み込みに時間のかかるサイトはGoogleからの評価などが著しく下がっている現状があり、AMP対応は必要不可欠になってきています。当然ながらサイトの表示が早いに越したことはありませんよね。

AMP対応のページは、

  • AMP HTML
  • AMP JS
  • AMP Cache

という3つの要素から構成されています。モバイルフレンドリーと似たような印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、別の物である事も覚えておくと良いかもしれませんね。

LPO効果対策チェックリスト

これまでご紹介したLPOのポイントをまとめるとこのようになります。現状のランディングページに当てはまるチェック数が多いほど、改善の余地があるといえるでしょう

  1. 流入口(広告など)とランディングページで訴求内容が一致していない
  2. ファーストビューにインパクトを感じない
  3. A/Bテストなどで効果測定をしていない
  4. webページの表示速度が3秒以上かかる/li>
  5. スマホサイトで見にくい(文字が小さい、情報量が多すぎる)
  6. エントリーフォームの記入に不具合や煩わしさがある

LPO関連のおすすめツール

LPOを自分で実践するなんて、工程や費用、実施できる人材の面を考えると途方に暮れてしまいますよね。

通常のLPOでは、まず現状のランディングページを分析し課題を抽出、改善策の良し悪しをA/Bテストなどで検証するなどの対策が必要です。そしてユーザーに合わせた訴求ページを新たに作成し、流入経路に合わせて表示を変えたりします。流入といってもwebサイトに来るユーザーは広告やSNSなど様々なルートでたどり着くので、その度にURLを変えていては、管理も難しいでしょう。

そういった難易度をぐっと下げてくれるのが「LPOツール」です。主な機能として、現状のランディングページの調査・分析、ユーザーに合わせたコピーやビジュアルを自動で差し替え表示、集計結果から新たな改善策のアドバイスなど、LPOの効率化・自動化を図ることのできる便利な機能が搭載されています。

LPOツールはそれぞれ強みや付加価値も様々です。おすすめのLPOツールを4つあげていますので、ぜひ御社にあったものを探してみてください。

dlpo LPO

https://dlpo.jp/product/

日本No.1の実績。AIによる高度なサポートを実現

  • 2005年から提供。LPOツール売上国内No.1、のべ700社以上の実績
  • 独自のテストエンジンを用いた高速テスト・パーソナライズを実現
  • 多数のプラットフォームのビッグデータと連携した高度なターゲティング
  • カスタマーサポートが親切かつ丁寧に対応

DLPOは、AI(人工知能)を活用して世界中の最新トレンドを学習し、企業内のビッグデータから高度なユーザー分類を実施。AIならではの効率的で精度の高い最適化を実現します。

A/Bテストを高度化した「多変量テスト機能」も強みとしていて、エントリーフォームに位置やビジュアル画像・ボタンの色など、テストをしてみたい個所を複数同時に比較することができます。手作業では手間と時間がかかるこの作業をAIによって効率的に行い、よりCV(コンバージョン)率の高いランディングページへと整えてくれます。

Gyro-n LPO

https://www.gyro-n.com/lpo/

自社開発ツールで、迅速・的確にサポート

  • パーソナライズされた的確なコンテンツを自動で差し替え表示
  • 既存のページでタグを挿入するだけでA/Bテストの表示切り替えが可能
  • 比較的リーズナブルに導入できる

Gyro-nシリーズは、自社開発ツールなのでサポートデスクの問い合わせの対応が迅速。テクニカル面にも詳しいスタッフが対応してくれるので、スタートアップから中規模企業の方におすすめです。

また、オプションとして、お客様の行動に合わせて自動クーポンやメッセージを表示する「Web接客機能」もあり、より顧客満足度の高いのサイト作りに取り組むこともできます。利用者に小売ECサイトが多いのが特徴です。

導入機能300社を超える実績を持つGyro-nシリーズは、LPOだけでなくSEO対策など他のサービスも充実しているので、Webサイト全般の最適化を見据える際にも頼りにできるでしょう。

Kaizen Platform

https://kaizenplatform.com/

グロースハッカーによるチーム編成で柔軟にサポート

  • 8,500名超のネット専門人材の外部ネットワークをマッチング
  • 導入企業300社と20,000回以上の改善データをデータベース化
  • タグを1行使うだけで、開発コストや手間を削減

Kaizen Platformは、導入機能300社を超える実績を持っていて、特に業種やテストページの種類などに応じた強みを持つグロースハッカーをマッチングしてくれるので、まるで外部にWebマーケティングの専属部隊を持つような頼もしさを感じるでしょう。

グロースハッカーとは、会社・製品・サービスの成長(=グロース)を加速させることを専門とした職業の方のことです。Kaizen Platformの場合は、俯瞰的に戦略を練るディレクターやデータ分析をするアナリストなど、得意分野を持ち寄りチームとなってLPOに取り組んでくれます。

20,000回以上もの定性・改善データのデータベースから、企業の事業目標に合わせたLPO対策を設計するので、無駄の少ないスピーディーな施策が期待できます。Webサイトの改善には、1行のタグを入れるだけなので開発コストゼロで取り組むことができるのも強みです。

SEGMENT LPO支援サービス

https://segment.jp/lp01

広告とランディングページの最適な組み合わせを提案

  • リスティング広告(流入口)とランディングページを一括サポート
  • 広告の集客コストを適正値へ最適化導
  • CVの品質を追求し効率的に収益増をめざせる

流入口とランディングページの一貫性が重要なのは先に書いた通りですが、このSEGMENTなら双方をオールインワンで最適化を図ることができます。SEGMENTは、オンライン広告会社とLPO専門会社の共同出資で提供しているので、それぞれのプロフェッショナルの知見でサポートしてくれるでしょう。

まとめ

商品購入や資料請求といったCV獲得を目指すLPOは、いわば人の心を相手にした改善施策です。
多くの企業がwebページの最適化に取り組む昨今、ユーザーの心理により深くリーチするためには、さらなる個人仕様(=パーソナライズ)にカスタマイズしたweb広告やランディングページが必要となってきています。

ITテクノロジーやAIの進化に合わせて、LPO=ランディングページの最適化のための対策方法もより高度化・多様化していくでしょう。LPOツールもそれに合わせてさらなる機能向上が期待できるでしょうから、企業戦略の施策のひとつとして活用してください。

PR:【無料診断受付中!】サービス・事業の成長を加速するデジマ運用承ります!

Return Top