デジmag.

デジタルマーケティングの事例、ノウハウ情報メディア

マーケター必見!マーケティングスキル向上に役立つ資格11選

マーケターは資格が必要な職種ではありませんが、マーケターとしてのスキル向上や、持っていると周りからの信頼を高めるのに有効な資格が存在します。

今回は、そんなオススメの資格をご紹介します。興味がある方は、ぜひ業務効率の向上やスキルアップに活かして頂けたら幸いです。

難易度別 おすすめ資格

特にインターネットにおけるデータ分析や広告への知識に特化した資格をご紹介します。
資格を取る過程で得た知識は、市場調査、認知・集客施策立案、効果測定を行う際にも非常に役立ちます。また、資格を持つこと自体でマーケターとしての信頼度を高めることにも繋がるかもしれません。

ウェブ解析士

https://www.waca.associates/jp/wac/about/

【難易度:低~中】

一般社団法人ウェブ解析士協会が主催する資格。
主にデータを活用して事業成果に繋げることを目的とした資格で、WEBマーケティングにおいて、データ解析によって事業の現状や課題を読み取り、目標達成に繋げる提案や成果を求める正しい判断ができることを目指した資格です。

ウェブマーケティングとウェブ解析における、専門的な知識や用語の知識、アクセス解析によって得られる情報の認識などを中心に学びます。また、上級ウェブ解析士になると、応用知識が身に付き、クライアントや上司などに、データを正確に読み取り、改善や成果に直結するような判断や提案までおこなえる知識が身に付きます。

上級を目指すのであれば、「マスターウェブ解析士」という資格もあり、WEBマーケティングに必要な全般的な知識を身に着けることが可能です。

Google Analytics Individual Qualification (GAIQ)

http://landing.google.com/academyforads/

【難易度:低~中】

Googleが主催する資格試験。「Googleアナリティクス」における知識や習熟度を認定することを目的とした資格です。
Googleアナリティクスの知識を深め、個人認定資格として取得することにより、協力なツールとして活用できることをアピールすることができます。
Googoleアナリティクスはビジネスやマーケティングの場でWEB解析ツールとして広く利用されているツールです。

Google Partnersプログラムより申し込むことができ、無料で認定資格試験を受験することが可能です。そのため、大変人気のある資格の一つです。資格の有効期限は1年で、資格を更新するには再試験に合格をする必要があります。

ネットマーケティング検定

https://www.sikaku.gr.jp/nm/about/index.html

【難易度:低】

企業の自社WEBサイトの役割も急速な技術革新に伴い、WEB担当を中心としたプロジェクトチームが発足してWEBマーケティングによる売り上げ拡大や業務の効率化などが進められる時代となりました。ウェブマーケティング検定は、そういった時代のニーズに合ったインターネットを活用したマーケティングのスペシャリスト育成を目指した資格です。

WEBマーケティングにおける知識を問う専門用語などの問題を軸として、インターネット技術、検索エンジン対策、WEB広告に関する知識を問う問題も含まれます。

IMA検定

http://ima-kentei.jp/

【難易度:低~中】

IMA検定はインターネットマーケティングに関する実践的な知識を会得でき、ビジネスの現場で必要とされるインターネットマーケティングスキルを身につけることを目的とした資格です。

「スタンダードコース」は、マーケティング実用知識、マーケティング概論、アクセス解析や広告配信、運用管理により顧客スキルといった実践的な基礎を会得できます。
「プロフェッショナルコース」は、コンバージョン対策やレポート演習といった応用的なスキルを会得できるコースです。

IMA検定は、試験会場が設けられておらず、eラーニングを利用して、在宅学習で自分のライフペースに合わせて学ぶことができ、受験時には、公式テキストやインターネット検索や電卓を利用しながら受験することが可能であり、仕事をしながらでも取得できることから、とても人気のあるマーケティング資格の一つです。

WEBアナリスト検定

https://www.jwa-org.jp/webanalyst/

【難易度:低】

Google Analyticsをはじめ、様々な解析ツールの利用法と活用法、また市場動向などのマーケティングに必要となる情報の解析方法などを会得することを目的とした資格です。

申し込み完了後から受講、またオンラインでの試験を受けることができます。

講座では、アクセス解析を軸として、データの読み取り、集客やコンバージョンといった分析ポイントのコツや考え方を学ぶことができます。現場の第一線で活躍できるWEbアナリストの養成を目的とした資格です。
講座は1日5時間の短期プログラムが組まれており、ツールやテクニックだけではなく、基礎から実践までわかりやすいようにGoogleアナリティクスを使った解説をおこない、実際の業務のイメージが湧きやすいことを意識して行われています。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定

https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/professional/

【難易度:低~中】

Yahoo!プロモーション広告が提供するスポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の運用者向けの資格です。

広告運用に関するスキルを幅広く取得できる資格です。「ベーシック」は基礎知識を問うもので、現在の自分の知識を知るために有効です。「アドバンスド」はより高度な知識を問うもので、業務成果の向上を目的とした上で現在の自分のレベルがどのくらいかを把握するのに有効です。

Google AdWords認定資格

【難易度:中~高】

Google AdWordsにおける基礎知識、応用力を問う資格で、合格すれば、Googleが公式に認定をするという認定資格です。

受験費用が無料でありながら、Googleが公式に認定をするという強力な肩書を得ることができます。Academy for Adsのアカウントを作成することでテストに向けたラーニングパスを取得できます。
出題範囲は以下の科目から、AdWords基礎認定資格試験のほかに、「検索広告」「ディスプレイ広告」「モバイル広告」「動画広告」「ショッピング広告認定資格試験」の中から1科目選択し、2科目に合格する必要があります。

Webライティング能力検定

https://wwkentei.com/

【難易度:低~中】

WEBライティングに関する基礎知識や、社会人として必要な一般常識、倫理、売り上げに直結する文章の書き方など、WEBライティングに関する技能を会得することを目的とした資格です。

ビジネスにおける信頼性の高い効果的なライティング技術、ウェブコミュニケーション能力、炎上対策、といった高いレベルのライティング技術を会得できます。
また、将来的に公認コンサルタントやセミナー講師といった業種に繋がる信頼性の高い業種への道も開けます。

ITパスポート

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

【難易度:低】

ITに関連した知識を会得できる基礎的な国家資格です。

IT全般に関する基礎知識の会得を目的とした国家資格です。毎年50パーセント前後の合格率と高めで、なおかつ国家資格ということもあり、コンスタントに毎年10マン人以上の受験者がいる資格です。
ITの基礎知識としてIT関連企業以外の社会人としても近年では必須スキルと言われるほどニーズが高まっていることから、取得しておいて損はない資格と言えます。

マーケティング全般においておすすめの資格

ここからはインターネットに関わらず、マーケティング全般におけるおすすめの資格を紹介します。

ビジネス著作権検定BASIC

https://www.sikaku.gr.jp/basic-lp/

【難易度:中】

著作権に関する広汎的な知識を会得できる資格です。
ビジネスにおいて身近なイメージしやすい事例を主として、著作権における基本的な知識や全体像の把握に役立つ資格です。
試験時間は50分の〇×問題の四肢択一なので、初心者向けです。BASICの上級という位置づけとして「初級」「上級」というランクの資格が存在します。

中小企業診断士

https://www.j-smeca.jp/index.html

【難易度:高】

経営コンサルタントの国家試験です。中小企業に適した経営のアドバイスや診断をする立場のスペシャリストの養成を目的とした資格です。

経営理論やマーケティング、財務会計、情報システムといった経営に関する知識を幅広く学ぶことができます。
資格取得によって、企業経営資源に関する知識を会得することができ、キャリアアップやマーケティング関連企業の転職などにも大変有利となる資格です。

診断士の資格というのは、特定の分野に特化した、他の専門資格では不足する部分を補うことができるので、経営資源を見出す力は大きな強みとなるメリットがあります。
試験内容としては、1次試験の筆記、1次試験の筆記と口述試験があります。高いビジネススキルを取得することで活躍の場を広げることが可能な資格です。

まとめ

マーケターとしての活躍を目指すのであれば、自分の知識やスキルの向上は必要不可欠です。そして、知識やスキルを証明し価値を高めるため資格を取得しておくことは、クライアントや上司への信頼度も高まることから、今後、求められてくるはずです。

しかし、テクノロジーやマーケティング手法の進歩は目まぐるしい現状を踏まえると、資格取得で安心せずに、更に知識やスキルを会得し続けることを忘れないでください。

Return Top