デジmag.

デジタルマーケティングの事例、ノウハウ情報メディア

デジタルマーケティングを考える上で、無視できない「CGM」

デジタルマーケティングの現場で度々耳にすることがある「CGM」。これは、「Consumer Generated Media」の略であり、端的に言えば「インターネットユーザーが自ら情報を生成し、発信していくメディア」のことです。

このCGMは、デジタルマーケティングを推進していく上で非常に重要な意味合いを持っています。

この記事ではCGMの基礎知識、そして、デジタルマーケティングとの関わりを見ていきます。

CGMの基本特性

上述した通り、CGMはユーザーが情報を生成し発信していくメディアであり、その形は様々です(以下CGMの種類と事例参照)。

コンテンツが豊富に揃っているサイトは検索エンジンからの評価が高くなるため、盛り上がっているCGMであれば常に上位に入ることができます。

しかし、ユーザーが発信したいと思えるCGMをゼロイチで立ち上げ、滞りなく運営することは、かなりハードルが高いと言えるでしょう。

CGMの種類と事例

それでは、CGMにはどんな種類があるのかを事例と共に見ていきましょう。

SNS

Twitter、 Facebook、InstagramなどのSNSは、ユーザーがもっとも手軽に参加できるCGMです。大きく括れば、YouTubeやニコニコ動画、TikTokなどの動画共有サイトや、「Pixiv」など、あるジャンルに特化したコミュニティサイトなどもSNS的なCGMの一種と言えるでしょう。

ナレッジコミュニティ

「cookpad」や「Wikipedia」など、ユーザーの知りたいことに対し、ユーザーの投稿したコンテンツが役に立つCGMです。知識共有コミュニティとも呼ばれます。

口コミサイト

「食べログ」や「価格コム」「@cosme」など、ユーザーによるたくさんのレポートを通じて、商品やサービスを比較検討できることに特化したCGMです。Amazonなどショッピングサイトの「レビュー」もこの種のCGMであると言えるでしょう。

キュレーションサービス

「NAVERまとめ」や「Togetter」など、あるひとつのテーマに対してSNSで発信された様々なコメントなどを整理してまとめるCGMです。個人の力でSNSの投稿全てをウォッチするのは大変ですが、キュレーションサービスがあることで、短時間でその出来事の概要をつかむことができます。

ブログサービス

「アメーバブログ」や「note」など、ユーザー個人がブログを自由に投稿できる機能を充実させたブログサービスもCGMの一種です。ブログのテーマや内容は書き手次第なので、そこにできあがるコミュニティの形は多様なものになります。

掲示板サービス

「5ちゃんねる」などに代表される掲示板サービスは、SNSが台頭する前のコミュニケーションツールであり、上記のあらゆる機能(ナレッジ、口コミ、キュレーションなど)を包括したCGMと言えます。

飲食店口コミサイト「食べログ」
https://tabelog.com/

CGMのメリット、デメリット

CGMでは、ユーザーが自発的にコンテンツを投稿したくなるテーマや仕組みをうまく構築することができれば、豊富なキーワードを内包するコンテンツがどんどんストックされるため、検索エンジンからの評価が高まります。完全に自走し盛り上がっているCGMはそのサイト自体が影響力の大きいメディアとなりますし、そこまで行けばバナー広告やタイアップコンテンツなどでマネタイズすることも可能でしょう。

一方で、新規でCGMを立ち上げようとしても、運営がうまくいかないとユーザーの投稿が全く増やせなかったり、逆にスパム的な投稿ばかりが増えてサイトの評判が悪くなってしまうリスクが常に付きまといます。

CGMで人々にとって有益なコンテンツを提供できるかどうか

CGMをゼロイチで立ち上げる訳はでなくても、デジタルマーケティングを考える際にCGMの存在は無視することはできません。それは、今やスマホを持つほとんどの人がスキマ時間に頻繁に触れているのはCGMのコンテンツだからです。

既存のCGMにおいてユーザーに刺さるコンテンツをいかに提供できるかどうかは、マーケティング活動を成功に導く重要なファクターなのです。

プラットフォームごとに、コンテンツは様々な形が考えられるでしょう。

話題になるプロモーションムービーかもしれないし、役立つレシピかもしれません。
そこで確実になる商品そのものもコンテンツと捉えられるし、その商品周辺にあるライフスタイルの提案やティップスなど、あらゆることがコンテンツになり得ます。

本当にユーザーに取って有益な情報であればあるほど、それは自然と人々の口の端に登り、それがCGMを介して拡散されていくもの。それぞれのプラットフォームに最適なコンテンツを、どう作ってどう配信するか。それを設計し実行することが大切です。それは商品の認知にも繋がるし、ブランディングにも繋がるし、最終的には購買にも影響するものになるからです。

まとめ

いかがでしたか。

インターネット上でマーケティングを考える以上、CGMと無関係な人はいません。
その特性と効果を正しく理解・意識して、デジタルマーケティングの設計に臨んでみてください。

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

Return Top