TIG comeerece TIG comeerece

アフィリエイト広告とは。デジタルマーケティングの基本用語を解説します

  1. デジタルマーケティング

「アフィリエイトって聞いたことあるけど、何なのかはよくわかってない…」

と思っている方。

アフィリエイトは、サイト上で商品やサービスを紹介する広告の仕組みです。サイト上にのせた広告をユーザーがクリックして、広告主のサイトで会員登録や商品の購入などをするとサイトの持ち主に報酬が入ります。

とはいえ、ふつうのWeb広告との違いや具体的なメリットはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では、

  • そもそもアフィリエイトとは
  • アフィリエイトの特徴を広告主側・媒体主側に分けて解説
  • アフィリエイト広告の出し方
  • アフィリエイトサイトのやり方
  • 主要ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)のおすすめ

の順に、アフィリエイトについて解説します。

アフィリエイト広告というと怪しいイメージがあるかもしれませんが、要はWeb広告の1つです。

まずはこの記事で、アフィリエイトについて大まかに概要をおさえましょう。

アフィリエイトとは「サイト上で商品やサービスを紹介する広告の仕組み」

そもそもアフィリエイトとは「サイト上で商品やサービスを紹介する広告の仕組み」という意味です。要するにネット広告の1つであります。

一連の仕組みは以下の通り。

  1. アフィリエイター(媒体主)が持つサイトに、商品やサービスのリンクを貼る
  2. サイトを見たユーザーがリンクをクリックする
  3. リンク先で商品を買ったり、サービスに登録したりする
  4. 広告主からアフィリエイターに報酬が支払われる

広告主はアフィリエイトによって、自社のサービスや商品を知ってもらったり買ってもらったりできます。そして、アフィリエイターは広告収入を得るというわけです。

次は、アフィリエイト広告の種類についてお伝えします。

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告には

  1. 成果報酬型
  2. クリック型
  3. 無料型

の3種類があります。以下で詳しくお伝えします。

1. 成果報酬型

成果報酬型アフィリエイトとは、アフィリエイターのサイトやブログでリンクをクリックした閲覧者が、何かしらでお金を使ったときに報酬が発生する形のアフィリエイトです。

例えば、成果には

  • 商品を買う
  • サービスに登録する

などがあります。商品の単価によって報酬は上下します。

2. クリック型

クリック型とはその名の通り、サイト上に貼られたリンクがクリックされるたびに報酬が発生するアフィリエイト広告のことです。クリックされた時点で報酬が入るので、その後ユーザーが何のアクションを起こさなかったとしても関係ありません。

報酬は安めなことが多いです。

3. 無料型

無料型は、リンクを踏んだユーザーが無料のアクションを起こすことで報酬が入るアフィリエイトのことです。例えば、

  • 会員登録
  • 資料請求
  • メルマガ登録

などがあります。

報酬は登録するサービスによって高いものから安いものまで様々です。

ここまで、アフィリエイトについて大まかに概要を解説しました。次は、広告を出す側と広告を春側にわけて、アフィリエイトのメリットとデメリットを解説します。

アフィリエイトの特徴を広告主側・媒体主側に分けて解説

ここからは、アフィリエイトの特徴を

  • 広告主側
  • アフィリエイター側

に分けて紹介します。

アフィリエイトのメリット【広告主側】

広告主としてアフィリエイトを利用する利点は、

  • コストパフォーマンスが高い
  • ネット上での商品・サービス認知度が上がる
  • 初期コストが安くて済む

の3つです。

1. コストパフォーマンスが高い

広告主側から考えると、アフィリエイト広告はコストパフォーマンスが高いネット広告です。先ほどもお伝えしましたが、アフィリエイト広告はクリックや登録など、お客さまが何かしらのアクションをしたタイミングで支払いが発生します。

これが新聞の広告や道路の看板広告だとどうでしょうか。広告を見たお客さまのうち何人が購入したかわからず、広告のコストパフォーマンスが全くわからないまま、まとまった広告費を支払うことになります。

アフィリエイト広告であれば、あらかじめ設定された単価で成約したぶんだけ支払うことになるので、ムダなお金を支払うことはありません。ちなみに、広告に支払う金額は広告主が決められるので、その点も魅力的です。

2. ネット上での商品・サービス認知度が上がる

アフィリエイト広告を出稿すれば、ネット上での認知度が上がるのも利点です。

アフィリエイト広告を出すことで、さまざまなサイトに自社の商品やサービスが掲載されます。すると、見込み客に認知される確率がアップ。

その場でユーザーがアクションしなかったとしても、あとで商品やサービスを利用したり、店舗に訪れたりしやすくなります。

3. 初期コストが安くて済む

最初に大きなコストがかからないのもアフィリエイトのメリットです。新聞広告だと大きさにもよりますが、1回の広告で「数十万〜数百万円」のコストはかかります。

これがアフィリエイト広告だと、必要なのはせいぜい以下の3つです。

  • 初期コスト
  • 月額コスト
  • デポジット

ASPによっては月額のコストだけでアフィリエイト広告を運用できるものもあります。

まとめると、導入のハードルが低く、かつネット上での認知度アップにつながるのがアフィリエイトのメリットです。

アフィリエイトのデメリット【広告主側】

アフィリエイト広告を出す側のデメリットは、広告から売上が発生しなかったとしても費用がかかることです。なので、料金をチェックして「成果がなくても運用し続けることができる期間」を計算しておく必要があります。

また、アフィリエイト広告をのせる媒体は広告主側で完全にコントロールできるわけではありません。そのため、思わぬサイトに掲載されてブランドイメージが悪くなることも。個別の対応は難しいので、審査を設けたりカテゴリーを設定したりすることが欠かせません。

次は、アフィリエイター側のメリットとデメリットを紹介します。

アフィリエイトのメリット【アフィリエイター側】

アフィリエイター側のメリットは以下の通りです。

  1. 初期コストがほとんどかからない
  2. 在庫を持つ必要がない
  3. 半自動的に収入が入ってくるようにできる

こちらも詳しく解説していきます。

1. 初期コストがほとんどかからない

アフィリエイトを始めるために必要なのは、

  • サイトを置くためのサーバー代
  • サイトのドメイン代

くらいです。極端な話、はてなブログやライブドアブログなどの無料ブログを使えば、サーバー代もドメイン代も必要ありません。

強いて言えば、報酬が発生するまでにかかる時間はコストです。とはいえ、ここまで初期費用をおさえてスタートできるビジネスはほとんどないと言っても過言ではありません。

2. 在庫を持つ必要がない

在庫が必要ないのもアフィリエイトのメリットです。

自分で商品やサービスを持つわけではなく、他の人や会社が作ったものを紹介するため、予め仕入れる必要はありませんし、在庫切れの心配もありません。食べ物のように腐ってしまう心配もありません。

アフィリエイトは無報酬の期間が長く続くこともあるため、楽なビジネスではありません。しかし、マイナスになることが少ないのは大きなメリットと言えます。

3. 半自動的に収入が入ってくるようにできる

アフィリエイトはサイトを作り込むことで、半自動的に収入を得る仕組みを作ることも可能です。

というのも、アフィリエイトは検索から来るお客さまに対して商品を売ることができます。なので、検索1位である限りいつでも収入が入る状態を構築することが可能です。

そのため、アフィリエイトを副業として取り組む人もいます。

次はアフィリエイトのデメリットをお伝えします。

アフィリエイトのデメリット【アフィリエイター側】

アフィリエイトの大きなデメリットは突然アフィリエイト案件がなくなる可能性があることです。広告主側の都合で、いきなりメインで報酬が発生していた案件がなくなってしまうこともあります。

また、広告主が用意する販売LP(ランディングページ)によって、商品やサービスの成約率が左右されるのも短所です。リンクをクリックされるところまではアフィリエイターがコントロールできますが、それ以降のフォーム入力などはコントロールできません。

次は広告主がアフィリエイト広告を出す方法を解説します。

アフィリエイト広告を出すやり方【広告主側】

アフィリエイトはASPと呼ばれる業者を通して広告を出すのが一般的です。ASPとは英語「Affiliate Service Provider」の略で、いわば広告を管理する会社のことを言います。

なぜASPを使うのかというと、アフィリエイト広告は、

  • 成果がいつ発生したか
  • 成果が発生したサイトはどれか
  • 成果はいくつ発生したか

を把握するシステムが必要で、これを自社で全てやるにはコストがかかりすぎるからです。

そのためほとんどの広告主はASPに登録して、アフィリエイト広告をスタートします。システムの月額料金や広告の報酬などがかかりますが、システムを1から開発するよりは手軽で安いです。

始めるさいのポイント:まずは「広告の目的」を考える

アフィリエイト広告を始めるさいのポイントは最初に「広告の目的」を考えることです。例えば、広告を1つ出すにしても、

  • 売上アップなのか、認知度アップなのか
  • 新規のお客さまを集めたいのか、リピーターを増やしたいのか

など、目的によって広告の打ち出し方が変わってきます。

また、目的が違うと報酬タイプも違うはずです。例えば、無料登録で成果が発生するのか、有料登録で成果が発生するのかなど。

広告はあくまで手段でしかありません。ゆえに、目的がはっきりしていないことには、効果をはっきすることは難しいです。

補足:アフィリエイト広告に向いていない商品やサービスとは

アフィリエイト広告を出す方法について解説しましたが、中にはアフィリエイト広告に向いていない商品やサービスもあります。

それは、

  • 地域がかなり限定されている商品やサービス
  • ターゲットがかなり限定されている商品やサービス
  • 期間がかなり限定されている商品やサービス

です。アフィリエイトはネット上で広くお客さまを集めます。かつ、広告の効果が見えるまでに時間がかかる広告です。

ゆえに、地域やターゲット、期間をギュッと絞った広告にはアフィリエイトは向いていません。とはいえ「東京限定」など、市場の大きさによっては可能性のある広告の出し方もあるので、まずはASPに問い合わせることをおすすめします。

次は、アフィリエイターとしてアフィリエイトサイトを始める方法について紹介します。

アフィエイトサイトのやり方【アフィリエイター側】

アフィリエイトサイトを始める際は、まず最初にサーバーとドメインを取り、WordPressなどのCMS(コンテンツを管理するシステム)を導入します。そしてサイトにブログ記事などのコンテンツを入れることでスタートすることが可能です。

アフィリエイトにはクリックしてもらうためのリンクが欠かせません。ASPに登録してアフィリエイトリンクを取得し、サイトを訪れたユーザーがうまく成約ページに行けるようにします。すると、報酬が発生するようになっていくわけです。

ちなみに、成約を取るためには、

  • アフィリエイトの仕組み
  • 狙うジャンルやキーワード
  • 商品を売るためのサイト作り、ライティング

に関する知識が欠かせません。ジャンルは以下のようなものが一般的です。

  • インターネット:ネット回線、Wi-Fiなど
  • 金融:FX、証券、銀行など
  • 人材:転職、アルバイトなど
  • 美容:脱毛、化粧品など
  • 健康:サプリメント、健康食品など
  • 飲食:宅食、飲食店の予約など
  • ファッション:洋服、アクセサリーなど
  • 旅行:ホテル予約、航空チケットなど

補足:アフィリエイトにかかる税金はどのように支払うべき?

アフィリエイトで得た報酬がその年の12月31日までに20万円を超える場合、確定申告をする必要があります。

確定申告の期間は翌年の「2月16日から3月15日(土日と重なった場合、翌週の月曜日に延長)」です。確定申告をしないと追加徴税となり、普通に所得税を払うよりも高い税金を支払わなければならないことも。

詳しくは住んでいる地域の税務署に相談することをおすすめします。税務署は「国税局・税務署を調べる|国税庁」から探してみてください。

続いては主要なASPを紹介していきます。

主要ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)のおすすめ6選

ここからは主要なASPとして、

  1. A8.net:株式会社ファンコミュニケーションズ
  2. アクセストレード:株式会社インタースペース
  3. バリューコマース:バリューコマース株式会社
  4. Afb(アフィb):株式会社フォーイット
  5. もしもアフィリエイト:株式会社もしも
  6. レントラックス:株式会社レントラックス

の6社を紹介します。

1. A8.net:株式会社ファンコミュニケーションズ

日本最大級のASPがこちらのA8.netです。多くの広告主やアフィリエイターが登録しているサイトですね。

また、自社でアフィリエイトブログを運営したり、スマホ特化型のアフィリエイト「Moba8.net」を運営したりと、メインのASP事業以外にもアフィリエイトに関連するサービスが充実しています。

2. アクセストレード:株式会社インタースペース

アクセストレードはアフィリエイトについて、初歩的な知識から専門スキルまで幅広く学べるのが特徴のASPです。これからアフィリエイトをしたい広告主やアフィリエイターは、コンテンツだけでも目を通しておく価値があります。

また、アクセストレードを運営する株式会社インタースペースは、メディア運営やスマホアプリの開発なども事業としている会社です。

3. バリューコマース:バリューコマース株式会社

バリューコマースも大手ASPの1つです。旅行ジャンルや金融ジャンルに強く、また大手の広告主が多いのも特徴。

A8.netやアクセストレードと同じく、スマホ向けの広告サービスも展開しています。

4. Afb(アフィb):株式会社フォーイット

他のASPにはない案件が多数あるのがこちらのAfb(アフィb)です。利用者満足度は4年連続No.1を獲得しており、サポートも充実しています。

5. もしもアフィリエイト:株式会社もしも

アフィリエイト初心者に優しいサービスづくりを意識しているのが、こちらのもしもアフィリエイトです。

特に、通常の報酬プラスαでボーナス報酬を出す「W報酬」はもしもアフィリエイトならでは。そのため、アフィリエイターからの支持も厚いです。

6. レントラックス:株式会社レントラックス

レントラックスはクローズド(紹介制)のASPです。広告主が質の高いアフィリエイターを探せることに加えて、アフィリエイターが質の高い広告を探すことができます。

アプリのアフィリエイトをするなら見ておきたいASP3選

ここからはアプリのアフィリエイトをする際におすすめしたいASPについて、

  1. seedApp
  2. Zucks
  3. Smart-C

の順に紹介します。

1. seedApp

seedAppは、アプリのアフィリエイトに特化したASPです。

A8.netを提供するファンコミュニケーションズが運営しており、大手の安心感もあります。

https://seedapp.jp/

2. Zucks

Zucksはアプリ専用のASPで、アフィリエイトだけでなくアドネットワークでのプロモーションにも対応しています。

アドネットワークでは複数のサイトでまとめて広告を出すことができるので、広く宣伝したいときにはおすすめの手段です。

https://zucks.co.jp/

3. Smart-C

Smart-Cはアプリ広告に適した出稿方法が多いASPで、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

短期で多くのユーザーを集めることを得意としており、すぐにでも集客したい広告主の方におすすめです。

https://smart-c.jp/

【補足】Amazonや楽天、Googleのアフィリエイトもある

ここまで主要なASPを紹介しましたが、Amazonや楽天、Googleのアフィリエイトもあることを忘れてはいけません。

それぞれ以下のサービスを展開しています。

  • Amazon:Amazonアソシエイト
  • 楽天:楽天アフィリエイト
  • Google:Googleアドセンス

Amazonや楽天は商品の購入を成果地点としており、Googleは広告のクリックを成果地点に置いています。

紹介したASPでのアフィリエイトよりも稼げる傾向にあり、採用しているアフィリエイターも多いです。

アフィリエイトを活用して、商品やサービスの認知度&売上を上げる!

ここまで、アフィリエイトについて概要を紹介しました。おさらいすると、アフィリエイトとは「サイト上で商品やサービスを紹介する広告の仕組み」です。

アフィリエイトの大まかな流れは

  1. アフィリエイター(媒体主)が持つサイトに、商品やサービスのリンクを貼る
  2. サイトを見たユーザーがリンクをクリックする
  3. リンク先で商品を買ったり、サービスに登録したりする
  4. 広告主からアフィリエイターに報酬が支払われる

でしたね。

そしてアフィリエイト広告には

  1. 成果報酬型:閲覧者が購入したタイミングで報酬が発生する
  2. クリック型:リンクがクリックされるたびに報酬が発生する
  3. 無料型:会員登録や資料請求など、無料のアクションから報酬が発生する

の3種類があるとお伝えしました。

次にアフィリエイトのメリットとして、広告主とアフィリエイターに分けて紹介しました。広告主については以下の通りです。

【広告主のメリット】

  1. コストパフォーマンスが高い
  2. ネット上での商品・サービス認知度が上がる
  3. 初期コストが安くて済む

【広告主のデメリット】

  1. 広告から売上が発生しなかったとしても費用がかかる
  2. アフィリエイト広告をのせる媒体は広告主側で完全にコントロールできるわけではない

またアフィリエイターについては以下の通りです。

【アフィリエイターのメリット】

  1. 初期コストがほとんどかからない
  2. 在庫を持つ必要がない
  3. 半自動的に収入が入ってくるようにできる

【アフィリエイターのデメリット】

  1. 突然アフィリエイト案件がなくなる可能性がある
  2. 販売LPによって、商品やサービスの成約率が左右される

メリットとデメリットを理解したうえで、利用する価値があるかどうか判断しましょう。

続いてアフィリエイトの始め方を、こちらも広告主側とアフィリエイター側で分けて紹介しました。

【広告主側】

  • まずは「広告の目的」を考える
  • ASPを通して広告を出稿する

【アフィリエイター側】

  • 最初にサーバーとドメインを取る
  • WordPressなどのCMSを導入する
  • サイトに記事などコンテンツを入れる

それぞれアフィリエイトをはじめる際の参考になれば幸いです。

最後に、主要なASPを

  1. A8.net:株式会社ファンコミュニケーションズ
  2. アクセストレード:株式会社インタースペース
  3. バリューコマース:バリューコマース株式会社
  4. Afb(アフィb):株式会社フォーイット
  5. もしもアフィリエイト:株式会社もしも
  6. レントラックス:株式会社レントラックス

の順に6社紹介しました。

また補足として、

  • Amazon:Amazonアソシエイト
  • 楽天:楽天アフィリエイト
  • Google:Googleアドセンス

の3つもお伝えしています。

アフィリエイトはうまく運用すれば手ごろな値段で商品を宣伝できるツールです。アフィリエイト広告を検討している方は、まず「広告の目的」を考えることからはじめてみましょう!

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

関連記事