デジmag.

デジタルマーケティングの事例、ノウハウ情報メディア

【保存版】iPhone機種変更時に気を付けたいことは?データ移行・バックアップ方法

スタイリッシュなデザインに、直感的に操作できるユーザビリティが人気のiPhone。次に買い替える時もiPhoneと考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、iPhoneからiPhoneへの機種変更の際に気を付けたいのは、データの取り扱い。正しい方法で移行やバックアップを行わないと、データが無くなってしまう恐れがあります。
今回は、機種変更時に必ず知っておきたいデータ移行やバックアップなどの準備に関して説明します。

機種変更時に必要な準備リスト

機種変更時に必要な作業は以下となります。一つずつ詳しく説明していきます。

【機種変更前】

  • バックアップ
  • ソフトウェア・アップデート
  • アカウント情報をメモする
  • LINEやゲームの引継ぎ

【機種変更後】

  • クイックスタートで初期設定を引継ぎ
  • バックアップを復元する

最も重要な「バックアップ」作業

バックアップとは、端末が故障した際などにデータが削除されたり破損したりしないように、予めデータ内容を別のメディアや記憶装置などに保存しておくことを指します。機種変更時には最も大切な準備となりますが、それ以外の通常時も定期的なバックアップを行う習慣をつけておきましょう。バックアップの具体的な方法は以下の2点です。

  • iTunesを使った方法(PC)
  • iCloudを使った方法(スマホ)

iTunesを使ったバックアップ方法(PC)

iTunesを使ったバックアップ方法は以下の手順で行います。PCをお持ちの方におすすめです。

  1. iTunesの起動・アップデート
  2. iPhoneとPCの接続
  3. デバイスのパスコード入力
  4. デバイスマークの選択
  5. バックアップの作成
1. iTunesの起動・アップデート

まずは、使用しているPCのiTunesを最新のものにアップデートします。古いバージョンだと問題が出る恐れもありますし、困った時にAppleの公式サイトを閲覧した場合、最新バージョンを前提として手順やQ&Aが記載されている可能性があるからです。

2.iPhoneとPCの接続

次にLightningケーブルを使ってiPhoneとPCを接続します。Wi-Fi経由で接続することもできますが、突然ネットワークが途切れるリスクを踏まえて、機種変更前のバックアップは有線で行うことをお勧めします。

3. デバイスのパスコード入力

PCと接続するとiPhoneのパスコード入力を求められたり「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されることがあるので、画面上の案内に沿って操作してください。

4.デバイスマークの選択

iTunesの左上にiPhoneのデバイスマークが表示されるのでクリックしてください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT203060
5.バックアップの作成

デバイス選択画面の中に、バックアップのコーナーがあるのでそこから「今すぐバックアップ」を選択します。
この時、注意したいのはヘルスケアやアクティビティのデータを保存する場合には、バックアップを暗号化する必要があることです。暗号化用のパスワード作成が必須となりますので、入力を終えたら忘れないようにメモしておきましょう。

https://support.apple.com/ja-jp/HT203977#itunes

iCloudを使ったバックアップ方法(スマホのみ)

iCloudを使ったバックアップ方法は以下の手順で行います。スマホしか持っていない人は、この方法を使ってください。

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続
  2. 設定画面から「iCloud」を選択
  3. バックアップの作成
1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続

お手持ちのiPhoneをWi-Fiネットワークに接続してください。データサイズが大きいので4G回線ではバックアップ作成を仕様上行うことができません。

2. 設定画面から「iCloud」を選択

iPhoneの「設定」から「ユーザー名」を選択し、「iCloud」を選択します。

3.バックアップの作成

「今すぐバックアップを作成」のボタンをタップします。バックアップ終了まで、Wi-Fi ネットワークには接続した状態にしておいてください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT203977#itunes

アプリ引継ぎのために。「ソフトウェア・アップデート」

iPhoneのiOSバージョンを最新のものにアップデートしておきます。これは、古いバージョンを使用したままだと、機種変更時にアプリの引継ぎが失敗する恐れがあるためです。
また、機種変更後に簡単に設定移行ができる「クイックスタート」機能はiOS11以上でなければできないので、必ず最新のバージョンにしておきましょう。

ソフトウェア・アップデート手順

ソフトウェア・アップデートの手順は以下の通りです。

  1. 充電が十分か確認する
  2. Wi-Fiネットワークに接続
  3. 設定から「ソフトウェア・アップデート」を選択
  4. アップデートを開始
1.充電が十分か確認する

まずは、iPhoneの充電残量が十分か確認してください。50%以下の場合はアップデートができない仕組みとなっています。アップデートは早くて約20分程ですが、数時間かかる場合もあるので、充電の消耗速度に不安がある方は充電しながら行ってもいいでしょう。

2.Wi-Fiネットワークに接続

お手持ちのiPhoneをWi-Fiネットワークに接続してください。仕様上、Wi-Fiネットワークでなければ、ソフトウェア・アップデートは実施できません。

3.設定から「ソフトウェア・アップデート」を選択

iPhoneの「設定」から「一般」を選択し、「ソフトウェア・アップデート」をタップします。最新バージョンでない場合は、ここにバッチ(数字が記載された赤丸)が表示されます。

4.アップデートを開始

ソフトウェア・アップデート画面の下部にある「今すぐインストール」ボタンをタップし、パスコードを入力すれば、アップデートが開始されます。

案外忘れがちな「アカウント情報のメモ」

機種変更の際には、アカウント情報を控えることを忘れないようにしましょう。人それぞれ使うサービスは千差万別ですが、特に以下のアカウントに関してはしっかりメモしておくよう心がけましょう。

  • Apple ID
  • コミュニケーションツールアカウント(Gmail、LINE など)
  • SNSアカウント(Twitter、Facebookなど)
  • 利用頻度の高いECサービスアカウント(Amazon、楽天など)
  • 金融サービスアカウント(銀行、クレジットカードなど)

Apple IDの確認方法

Apple IDはiPhone端末かAppleの公式サイト経由で確認することが出来ます。

iPhone端末で確認する方法

iPhoneの「設定」から「iTunes Store と App Store」(もしくは「iCloud」)を選択し、Apple IDを確認します。

Appleの公式サイト経由で確認する方法

ブラウザから「iforgot」と入力し、Apple公式サイトのApple ID確認ページにアクセスします。「名前」「メールアドレス」から自分のApple IDを検索することが可能です。

https://iforgot.apple.com/appleid#!&section=appleid

ゆとりをもって行おう!「LINEやアプリの引継ぎ」

機種変更時に時間がかかる準備といえば引継ぎです。ゲームやLINEを含むiPhoneでのアプリサービスは、機種変更時に引継ぎを必要とするものが大部分です。引継ぎの作業自体は簡単で時間がかからないものが殆どですが、使用しているサービスの数によっては、かなり時間がかかるので計画的に引継ぎを行っていきましょう。

LINEの引継ぎ方法

LINEの引継ぎは以下の手順で行いますが、先に注意したいのは、LINEのアカウント引き継ぎには「メールアドレスを登録」するか「Facebookとの連携」どちらかが必要です。行っていない人は引継ぎを行う前に対応してください。

  1. 「友だち」画面の左上から「設定ボタン」を選択
  2. 「アカウント引き継ぎ」を選択
  3. 「アカウント引き継ぐ」スイッチを切り替える

機種変更後は、まず、LINEアプリをインストールし電話番号認証を行います。その後、機種変更前と同じ手順で「アカウントを引き継ぐ」を選択することで、引き継ぎが完了します。

機種変更後は「バックアップの復元」

機種変更が完了したら、まずは初期設定を行い、その後バックアップの復元を行います。初期設定は、iOS11以降より実装された「クイックスタート」機能によって簡単に行うことができます。
バックアップは作成した時と同様にiTunesかiCloudの2パターンがあります。また初期設定が可能となります。

クイックスタートで初期設定を引継ぎ

機種変更前のiPhone端末のOSが11以降であれば、設定を簡単に新しいiPhone端末へ引き継ぐことが出来る機能が「クイックスタート」です。言語やネットワーク、キーボードなどの端末設定のほか、iCloudやApp StoreなどのApple IDを利用した設定も引継ぎが可能です。手順は以下の通りです。

  1. 機種変更前の端末でBluetoothをオンにしておく
  2. 新しい端末の電源を入れて2つの端末を近づける
  3. クイックスタート画面より「続ける」を選択
  4. 新しい端末の認証画像を機種変更前端末のカメラで読み取る
  5. 新しい端末でパスコード入力
  6. 新しい端末でFace ID または Touch ID を入力
  7. 新しい端末でApple IDを入力
  8. iCloud経由でバックアップを行う

手順が簡単な上に、手動で入力する必要が無いので入力ミスの心配もありません。現在使用している端末がiOS11に対応しているようであれば是非試してみてください。
次はバックアップの復元方法の説明です。

iTunesを使ったバックアップ復元方法

iTunes経由でのバックアップ復元の手順は以下となります。

  1. 新しいiPhoneの電源を入れる
  2. 「Appとデータ」画面が表示されるまで進む
  3. 「iTunes バックアップから復元」を選択
  4. PCと新しいiPhoneを接続
  5. バックアップの復元
1.新しいiPhoneの電源を入れる

新しいiPhone端末の電源を入れます。すぐに「こんにちは」画面が表示されます。

2.「Appとデータ」画面が表示されるまで進む

「Appとデータ」画面が表示されるまで、案内に沿って画面を進めます。

3.「iTunes バックアップから復元」を選択

「Appとデータ」画面が表示されたら、「iTunes バックアップから復元」を選択してください。

4.PCと新しいiPhoneを接続

機種変更前にバックアップを作成したPCと新しいiPhone端末を接続します。

5.バックアップの復元

バックアップ作成時と同じように、「パスコードの入力」と「デバイスマークの選択」を行い、今度はデバイスコーナーから「バックアップの復元」を選択します。

iCloudを使ったバックアップ復元方法

iCloud経由でのバックアップ復元の手順は以下となります。

  1. 新しいiPhoneの電源を入れる
  2. Wi-Fiの設定を行う
  3. 「Appとデータ」画面が表示されるまで進む
  4. 「iCloudバックアップから復元」を選択
  5. バックアップの復元
1.新しいiPhoneの電源を入れる

iTunes経由と同じです。新しいiPhone端末の電源を入れると、「こんにちは」画面が表示されます。

2.Wi-Fiの設定を行う

Wi-Fiの設定画面が表示されるまで手順を進め、Wi-Fiのネットワークに接続してください。

3.「Appとデータ」画面が表示されるまで進む

「Appとデータ」画面が表示されるまで、手順を進めてください。

4.「iCloudバックアップから復元」を選択

「Appとデータ」画面が表示されたら、「iCloudバックアップから復元」を選択してください。

5.バックアップの復元

バックアップが一覧表示されるので、バックアップの日付とサイズを確認して、間違いないようにバックアップを選択してください。

まとめ

以上、iPhoneの機種変更をする場合のデータ移行について解説させていただきました。
最後にもう一度、機種変更時に必要な準備リストを復習します。

【機種変更前】

  • バックアップ
  • ソフトウェア・アップデート
  • アカウント情報をメモする
  • LINEやゲームの引継ぎ

【機種変更後】

  • クイックスタートで初期設定を引継ぎ
  • バックアップを復元する

事前にしっかり確認をしないと、新しいスマホに買い替えた際、データが復元できず、おずおずと泣く羽目になってしまいます。機種変更時に慌ててうっかりミスを起こさないよう、しっかり手順を把握しましょう。

Return Top