デジmag.

デジタルマーケティングの事例、ノウハウ情報メディア

noindexでSEO対策!効果的な使い方や設定方法をご紹介

今回は「noindex」タグについての解説です。noindexはメタタグの一種で、効果的に利用することでサイトの評価を上げることができます。
SEOに効果を発揮しますので、「そもそもnoindexという言葉を知らない」「noindexの設定方法がわからない」という方は、ぜひこのページを読んで理解を深めてみてください。

noindexって何?

noindexとは、HTMLコードに記述するメタタグの一種です。
検索エンジンにインデックスされないようにする時に使用します。

上記がnoindexタグの基本的な説明ですが、SEOの知識などがないと理解できない部分があるかと思いますので「メタタグ」と「インデックス」についてもう少し詳しく解説します。

メタタグとは?

メタタグとは、Googleなどの検索エンジンやブラウザなどに、「このページは検索エンジンに掲載しない」「このページは一言で言うと○○ということです」のように指示を出すために使用するものです。noindexタグを使うことは「このページは検索エンジンにインデックスしないで」という指示を出していることになります。

インデックスとは?

Googleなどの検索エンジンを持つ会社は、「クローラー」と呼ばれるシステムを持っています。クローラーは24時間365日、世界中のサイトをチェックし「このサイトは何について書かれているか」「このサイトにはどのようなキーワードを含んでいるか」などをチェックしています。クローラーが集めたこのような情報をデータベース化することを「インデックス」と呼びます。
例えば「六本木 ランチ」で検索がされたら、検索エンジンはそのキーワードに合ったサイトを探して、検索者が欲しいと思うであろう情報を、候補順に並べて表示します。
つまり、自分のサイトを検索エンジンで見つけてもらうには、まずサイトが検索エンジンにインデックスされる必要があります。

[clink url=”https://dejima.s-cubism.com/digitalmarketing/22209″]

noindexタグを設定するケース

本来ならば検索エンジンにインデックスされてはじめて、サイトが検索結果の一覧に表示されるようになります。サイトの保持者としてはページがインデックスされるほうが好ましいと考えられますが、サイトを作り込んでいくとnoindexタグを使ってインデックスを回避し「検索結果に表示させない」判断をしたほうがいい場面も発生します。
実際のケースごとに見ていきましょう。

サイト内に質の低いページがある場合

作成してから年月が経ったページや内容の薄いページなどは、SEOの観点で見るとサイト全体の評価を下げることがあります。サイトにとって不要なページは削除することが望ましいですが、ページの再作成等を行う予定がある場合は、noindexタグを使ってインデックスされることを避けましょう。また、他サイトのコピーページも同様に、サイトの評価を下げてしまうことがあります。

サイト内に重複するコンテンツがある場合

同一サイト内に同じようなコンテンツがある場合も、ユーザーに有益にならないと判断されサイトの評価が下がる場合があります。しかし、ユーザーの利便性を考慮してページを削除ができないような場面でnoindexタグが役に立ちます。

インデックスが不要なページ

サイトのコンテンツの中には、インデックスは不要でも残しておくほうが良いページもあります。たとえば下記のようなページです。

膨大なリンクが貼られたサイトマップ

サイトマップは過去に作ったページを見つけやすくするために作るページですが、膨大な数のリンクをページに貼ってしまうと、検索エンジンから見てスパムと判断されることがあります。
サイト全体のページ数が少ない場合は使う必要はないかと思われますが、何万ページもあるサイトマップの場合はnoindexタグを使用することが望ましいです。

wordpressなどで自動生成されるタグページやカテゴリページ

wordpress等を使うと自動的にタグページやカテゴリページが生成されます。タグやカテゴリをむやみやたらに紐づけている場合ですと、ユーザーが検索しにくいためサイトの評価を下げることがあります。
タグ付けやカテゴリ分けが雑多になっているのならユーザー観点で見直したほうがいいですが、すぐに実施することが難しい場合はnoindexタグを使用することをおすすめします。

noindexはSEO対策に効果的!

noindexタグはSEO対策に効果を発揮します。
クローラーがページを評価するのはインデックスされているページに限るため、noindexタグを設定しているページは評価がされません(サイト内でnoindexを設定していないページは通常通り評価の対象になります)。
上記のような、サイトの評価を下げる可能性が高いページにnoindexを設定し、質の高いページのみインデックスさせることで、サイトの評価が下がることを回避することができます。

noindexの設定方法

それではここでnoindexタグの設定方法をご紹介します。
HTMLファイルに直接タグを挿入する場合と、wordpressを利用する場合をご紹介します。

HTMLファイルに直接タグを挿入する場合

HTMLで作られたページは大きく分けて2つに分かれます。

  • headタグ:この部分に書かれた内容は、サイトの訪問者からは見えません(tittleタグは例外)
  • bodyタグ…訪問者はこの部分に書かれた内容を閲覧することができます

noindexをはじめとするメタタグは、訪問者から見えないheadタグの部分に記載します。

上記をHTMLのhead部分に挿入するだけで完了です。とても簡単なコード一行で完結します。

wordpressでの設定方法

wordpressを使った設定はさらに簡単です。
All in One SEO Packというプラグインを使用します。

まずはプラグインをインストールします。
ダッシュボードから「プラグイン→新規追加」を選択します。
「プラグインの検索」より「All in One SEO Pack」を検索し、インストールします。

インストールが終わったら、「有効化」を選択します。

サイト全体に対しnoindexを設定する場合

ALL in one seoタブの「一般設定」を選択します。
ページ下部にnoindex設定がありますので、必要な部分にチェックを入れ設定を更新したら完了です。

投稿記事ごとにnoindexを設定する場合

投稿ページの編集画面に入り、ページ下部の「noindex」にチェックを入れるだけで設定が完了します。

noindexを使うにあたって注意したいこと

SEOに効果があるnoindexタグですが、設定次第では多大なロスを発生させてしまいます。そこでnoindexタグを使用するにあたっての注意点をお伝えします。

noindexは乱用しないことが大前提

noindexタグを使用すると検索エンジンにインデックスされなくなるため、おのずとnoindexを設定したページは見られづらくなります。そのため、noindexタグを乱用するとサイト全体への流入が減ってしまうリスクがあります。noindexを使用するページは最小限に抑えることが大前提です。ページの改良などを行い、サイトの全体的な質の向上に努めましょう。

ページにリンクを貼っている場合はnofollowタグの設定をすべきか検討する

noindexタグと似ているタグにnofollowタグがあります。
nofollowはそのページに貼られているリンク先に対してクローラーの巡回を禁止するタグです。nofollowタグを使うことでリンク先にSEO評価を引き渡すことを阻止します。

例えば、サイトの質の低いページに同サイト内に飛ぶリンクを貼っていた場合、そのリンク先の評価も下がってしまいます。そうするとサイトの評価が二重に下がってしまうことになりかねません。
noindexを設定したいページにリンクが貼っている場合は、適宜nofollowタグも利用しましょう。

メタタグは即時反映されない

noindexタグのみだけでなく、メタタグは設定後すぐに反映されるわけではありません。具体的にどの程度の期間で反映される、などの情報は公開されていないようです。メタタグが反映されるまで時間はかかりますが、時間がたてば設定が反映されますので安心してください。

noindexやnofollowの設定を確認できるGoogle CHROMEの拡張機能

先述した通り、HTMLのHEAD部分に挿入したメタタグは、サイト訪問者からは閲覧ができません。しかし、GoogleCHROMEの拡張機能「nofollow」を使いページを閲覧するだけで、そのページにnoindexやnofollowが設定されているかを確認することができます。

CHROMEウェブストアから拡張機能を追加し、noindexやnofollowが設定されているページにアクセスすると、画面右下にボックスが表示され設定状況が確認できます。
自身でサイトやブログを持っている人はぜひ導入したい拡張機能です。

robots.txtとnoindexの違い

noindexタグはクローラーの巡回自体を止めているものではありません。クローラーの巡回を制御する方法のひとつに、robots.txt(ロボッツテキスト)があります。これは、サイトの重要なページをクローラーに巡回させて効率よくインデックスさせる効果があります。
それぞれの違いは以下のような形です。

  • noindex:インデックスされないよう制御できるが、クローラーは止めない
  • robots.txt:クローラーの巡回を制御するが、インデックスは行う

noindexタグとrobots.txtを併用する際は注意が必要です。例えばrobots.txtでクローラーをブロックしたページにnoindexタグを使った場合、クローラーの巡回を止めてしまっているのでいつまでたってもインデックスされたまま…という事象が発生してしまいます。noindexタグで検索結果から消えたことを確認してからrobots.txtを使用するなど、十分注意しましょう。

noindexを賢く使って質の高いサイトを目指そう!

SEOで最も大切なことは、ユーザーが欲している質の高いコンテンツをサイト内に盛り込む
ことです。そのため、質の低いページやコンテンツの重複したページは、ユーザーの不利益になってしまうため評価が下がる傾向にあります。

一方で、ページの改良やサイトの整備に時間がかけられない場合や、ユーザー観点からページを削除できない場合も発生することがあります。
そのような場合に活用したいのがnoindexタグです。
headタグに簡単な文字列を挿入するだけでインデックスされることを防ぐため、サイトの評価を上げることが可能になります。しかし、乱用することでサイトへの流入が減ってしまう可能性もありますので、使用の際には注意が必要です。
また、SEOに効果を発揮する他のメタタグなどの理解を深めておきましょう。それぞれの違いを踏まえ適宜使い分けをすることで、さらにサイトの評価を上げることが可能になります。

noindexタグを使う際は応急処置と心得て、常にユーザーが求める情報を発信して見られやすいサイトづくりを行いましょう!

PR:デジタルトランスフォーメーション時代に勝ち残るサービスの作り方

Return Top